ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Enterprise に GitHub Actions のポリシーを適用する

Enterprise 管理者は、Enterprise 内の GitHub Actions へのアクセスを管理できます。

ここには以下の内容があります:

ノート: GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 2.22で限定ベータとして利用可能でした。 ベータは終了しました。 GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 3.0以降で一般に利用可能になりました。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 のリリースノートを参照してください。


Enterprise の GitHub Actions 権限について

GitHub Enterprise Server で GitHub Actions を有効にすると、Enterprise 内のすべての Organization で有効化されます。 Enterprise 内のすべての Organization に対して GitHub Actions を無効にするか、特定の Organization のみを許可するかを選択できます。 Enterprise にあるローカルのアクションだけ利用できるように、パブリックなアクションの利用を制限することもできます。

Enterprise の GitHub Actions 権限の管理

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてEnterprise settings(Enterpriseの設定)をクリックしてください。

    GitHub Enterprise Serverのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Enterprise settings"

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  3. " Policies(ポリシー)"の下で、Actionsをクリックしてください。

  4. "Policies(ポリシー)"の下で、オプションを選択してください。

    Enterprise内のどのOrganizationがGitHub Actionsを使えるのかを選択でき、パブリックなアクションへのアクセスを制限できます。

    ノート: パブリックなアクションへのアクセスを有効化するには、まずyour GitHub Enterprise Server instanceをGitHub Marketplaceに接続するように設定しなければなりません。 詳しい情報については「GitHub Connectを使用したGitHub.comのアクションへの自動アクセスの有効化」を参照してください。

    この Enterprise アカウントについてアクションを無効化、無効化、または制限

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.