ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

チケットのサブミット

GitHub Enterprise ServerManagement Console または GitHub Enterprise サポートページからサポートチケットをサブミットできます。

ここには以下の内容があります:

チケットのサブミットについて

チケットをサブミットする前に、GitHub Support のための情報を収集し、担当者を選択してください。 詳しい情報についてはチケットのサブミットの準備を参照してください。

サポートリクエストとオプションの Diagnostics 情報をサブミットした後、 GitHub Support が Support Bundle をダウンロードして共有するように求める場合があります。 詳細は「GitHub Support にデータを提供する」を参照してください。

GitHub Enterprise Supportポータル を使ってチケットをサブミットする

  1. GitHub Enterprise Supportポータル に移動します。

  2. [Submit a Ticket] をクリックします。 Enterprise Support チームにチケットをサブミットする

  3. "Your email address(メールアドレス)"の下に、GitHub Enterprise Serverアカウントに関連づけられるメールアドレスを入力してください。 [Your email address] フィールド

  4. "Subject(題名)"の下に、問題を説明するタイトルを入力してください。 Subject field (題名)

  5. "Description(説明)"の下に、GitHub Enterprise Supportチームによる問題のトラブルシュートの助けになる追加情報があれば入力してください。 有益な情報の例としては、以下のようなものがあります: 説明フィールド

    • 問題を再現する手順
    • 問題が発見された状況に特徴的なこと (たとえば初回の発生、あるいは特定の事象の後の発生、発生頻度、問題のビジネス上の影響、想定される緊急度)
    • 正確なエラーメッセージ
  6. GitHub Enterprise Product(GitHub Enterprise製品)ドロップダウンメニューから、GitHub Enterprise Serverを選択してください。 Priority (優先度) のドロップダウンメニュー

  7. "Priority(緊急度)"ドロップダウンメニューから、適切な緊急度を選択してください。 詳しい情報については「サポートチケットへの優先度の割り当て」を参照してください。 Priority (優先度) のドロップダウンメニュー

    • 重大なシステム障害、重要なシステムの運用に影響するサービス中断、セキュリティインシデント、ライセンスの期限切れを報告するには、 Urgentを選択してください。
    • システムパフォーマンスの問題を含むビジネスにインパクトのある問題をレポートしたり、重大なバグのレポートをしたりするにはHighを選択してください。
    • 設定変更やサードパーティとのインテグレーションのような技術的なリクエストや、重大ではないバグのレポートには、Normalを選択してください。
    • 一般的な質問や、新機能のリクエストのサブミット、購入、トレーニング、ヘルスチェックについてはLowを選択してください。
  8. ドロップダウンメニューの "GitHub Enterprise Series(GitHub Enterpriseシリーズ)"から、使用しているGitHub Enterprise Serverのバージョンを選択してください。 GitHub Enterprise シリーズ ドロップダウンメニュー

  9. "Global Region(グローバルリージョン)"ドロップダウンメニューから、APAC (アジアパシフィック)、EMEA (ヨーロッパ、中東、アフリカ)、Americaのいずれかを自分の地域として選択してください。 [Global Region] ドロップダウンメニュー

  10. Add file(ファイルの追加)をクリックし、ダウンロードしたDiagnosticsファイルを添付して、Diagnosticsをサポートチケットに含めてください。 [Add file] ボタン

  11. Submit(サブミット)をクリックしてください。

Diagnosticsをサポートチケットに含めないことにした場合は、サポートリクエストをサブミットした後に GitHub EnterpriseサポートとDiagnostics情報を共有できます。 詳細は「GitHub Support にデータを提供する」を参照してください。

Enterprise アカウントを使用してチケットをサブミットする

  1. GitHub.comに移動します。

  2. GitHub.comの右上で、自分のプロフィール写真をクリックし、続いてYour enterprises(自分のEnterprise)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Serverのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Your enterprises"

  3. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。 Enterpriseのリスト中のEnterpriseの名前

  4. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  5. 左のサイドバーで、 Enterprise licensing(Enterpriseライセンス)をクリックしてください。 [Enterprise account settings] サイトバーの "Enterprise licensing"

  6. [GitHub Enterprise Help] の下で、[GitHub Enterprise Support Portal] をクリックします。 Enterprise Support サイトに移動するリンク

  7. [Submit a Ticket] をクリックします。 Enterprise Support チームにチケットをサブミットする

  8. "Your email address(メールアドレス)"の下に、GitHub Enterprise Serverアカウントに関連づけられるメールアドレスを入力してください。 [Your email address] フィールド

  9. "Subject(題名)"の下に、問題を説明するタイトルを入力してください。 Subject field (題名)

  10. "Description(説明)"の下に、GitHub Enterprise Supportチームによる問題のトラブルシュートの助けになる追加情報があれば入力してください。 有益な情報の例としては、以下のようなものがあります: 説明フィールド

    • 問題を再現する手順
    • 問題が発見された状況に特徴的なこと (たとえば初回の発生、あるいは特定の事象の後の発生、発生頻度、問題のビジネス上の影響、想定される緊急度)
    • 正確なエラーメッセージ
  11. GitHub Enterprise Product(GitHub Enterprise製品)ドロップダウンメニューから、GitHub Enterprise Serverを選択してください。 Priority (優先度) のドロップダウンメニュー

  12. "Priority(緊急度)"ドロップダウンメニューから、適切な緊急度を選択してください。 詳しい情報については「サポートチケットへの優先度の割り当て」を参照してください。 Priority (優先度) のドロップダウンメニュー

    • 重大なシステム障害、重要なシステムの運用に影響するサービス中断、セキュリティインシデント、ライセンスの期限切れを報告するには、 Urgentを選択してください。
    • システムパフォーマンスの問題を含むビジネスにインパクトのある問題をレポートしたり、重大なバグのレポートをしたりするにはHighを選択してください。
    • 設定変更やサードパーティとのインテグレーションのような技術的なリクエストや、重大ではないバグのレポートには、Normalを選択してください。
    • 一般的な質問や、新機能のリクエストのサブミット、購入、トレーニング、ヘルスチェックについてはLowを選択してください。
  13. ドロップダウンメニューの "GitHub Enterprise Series(GitHub Enterpriseシリーズ)"から、使用しているGitHub Enterprise Serverのバージョンを選択してください。 GitHub Enterprise シリーズ ドロップダウンメニュー

  14. "Global Region(グローバルリージョン)"ドロップダウンメニューから、APAC (アジアパシフィック)、EMEA (ヨーロッパ、中東、アフリカ)、Americaのいずれかを自分の地域として選択してください。 [Global Region] ドロップダウンメニュー

  15. Add file(ファイルの追加)をクリックし、ダウンロードしたDiagnosticsファイルを添付して、Diagnosticsをサポートチケットに含めてください。 [Add file] ボタン

  16. Submit(サブミット)をクリックしてください。

Diagnosticsをサポートチケットに含めないことにした場合は、サポートリクエストをサブミットした後に GitHub EnterpriseサポートとDiagnostics情報を共有できます。 詳細は「GitHub Support にデータを提供する」を参照してください。

GitHub Enterprise Server Management Console を使ってチケットをサブミットする

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン

  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ

  3. 求められたなら、Management Consoleのパスワードを入力してください。 Management Consoleのロック解除画面

  4. Management Consoleの右上でSupport(サポート)をクリックしてください。 サポートエリアへのアクセスボタン

  5. サポートチケットにDiagnosticを含めたい場合には、"Diagnostics"の下のDownload diagnostic info(Diagnostic情報のダウンロード)をクリックし、ファイルをローカルに保存してください。 このファイルは、後でサポートチケットに添付します。 Diagnostics 情報をダウンロードするボタン

  6. "Open Support Request(サポートリクエストのオープン)"の下でNew support request(新規サポートリクエスト)をクリックします。 サポートリクエストをオープンするボタン

  7. [Submit a Ticket] をクリックします。 Enterprise Support チームにチケットをサブミットする

  8. "Your email address(メールアドレス)"の下に、GitHub Enterprise Serverアカウントに関連づけられるメールアドレスを入力してください。 [Your email address] フィールド

  9. "Subject(題名)"の下に、問題を説明するタイトルを入力してください。 Subject field (題名)

  10. "Description(説明)"の下に、GitHub Enterprise Supportチームによる問題のトラブルシュートの助けになる追加情報があれば入力してください。 有益な情報の例としては、以下のようなものがあります: 説明フィールド

    • 問題を再現する手順
    • 問題が発見された状況に特徴的なこと (たとえば初回の発生、あるいは特定の事象の後の発生、発生頻度、問題のビジネス上の影響、想定される緊急度)
    • 正確なエラーメッセージ
  11. GitHub Enterprise Product(GitHub Enterprise製品)ドロップダウンメニューから、GitHub Enterprise Serverを選択してください。 Priority (優先度) のドロップダウンメニュー

  12. "Priority(緊急度)"ドロップダウンメニューから、適切な緊急度を選択してください。 詳しい情報については「サポートチケットへの優先度の割り当て」を参照してください。 Priority (優先度) のドロップダウンメニュー

    • 重大なシステム障害、重要なシステムの運用に影響するサービス中断、セキュリティインシデント、ライセンスの期限切れを報告するには、 Urgentを選択してください。
    • システムパフォーマンスの問題を含むビジネスにインパクトのある問題をレポートしたり、重大なバグのレポートをしたりするにはHighを選択してください。
    • 設定変更やサードパーティとのインテグレーションのような技術的なリクエストや、重大ではないバグのレポートには、Normalを選択してください。
    • 一般的な質問や、新機能のリクエストのサブミット、購入、トレーニング、ヘルスチェックについてはLowを選択してください。
  13. ドロップダウンメニューの "GitHub Enterprise Series(GitHub Enterpriseシリーズ)"から、使用しているGitHub Enterprise Serverのバージョンを選択してください。 GitHub Enterprise シリーズ ドロップダウンメニュー

  14. "Global Region(グローバルリージョン)"ドロップダウンメニューから、APAC (アジアパシフィック)、EMEA (ヨーロッパ、中東、アフリカ)、Americaのいずれかを自分の地域として選択してください。 [Global Region] ドロップダウンメニュー

  15. Add file(ファイルの追加)をクリックし、ダウンロードしたDiagnosticsファイルを添付して、Diagnosticsをサポートチケットに含めてください。 [Add file] ボタン

  16. サポートチケットにDiagnosticsを含めるには、Add file(ファイルの追加)をクリックし、ダウンロードしたDiagnosticsファイルを添付します。 [Add file] ボタン

  17. Submit(サブミット)をクリックしてください。

Diagnosticsをサポートチケットに含めないことにした場合は、サポートリクエストをサブミットした後に GitHub EnterpriseサポートとDiagnostics情報を共有できます。 詳細は「GitHub Support にデータを提供する」を参照してください。 7. Submit(サブミット)をクリックしてください。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.