ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Commenting on an issue when a label is added

You can use GitHub Actions to automatically comment on issues when a specific label is applied.

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server、GitHub One、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ここには以下の内容があります:

ノート: GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 2.22で限定ベータとして利用可能でした。 ベータは終了しました。 GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 3.0以降で一般に利用可能になりました。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 のリリースノートを参照してください。


ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHub public roadmapで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

はじめに

This tutorial demonstrates how to use the peter-evans/create-or-update-comment action to comment on an issue when a specific label is applied. For example, when the help-wanted label is added to an issue, you can add a comment to encourage contributors to work on the issue.

In the tutorial, you will first make a workflow file that uses the peter-evans/create-or-update-comment action. Then, you will customize the workflow to suit your needs.

ワークフローの作成

  1. このプロジェクト管理ワークフローを適用したいリポジトリを選択してください。 書き込みアクセス権を持つ既存のリポジトリを利用することも、新しいリポジトリを作成することもできます。 リポジトリの作成に関する詳細は「新しいリポジトリの作成」を参照してください。

  2. リポジトリに、.github/workflows/YOUR_WORKFLOW.ymlというファイルをYOUR_WORKFLOWの部分を選択した名前で置き換えて作成してください。 これがワークフローファイルです。 GitHub上での新しいファイルの作成に関する詳しい情報については「新しいファイルの作成」を参照してください。

  3. Copy the following YAML contents into your workflow file.

    YAML
    name: Add comment
    on:
      issues:
        types:
          - labeled
    jobs:
      add-comment:
        if: github.event.label.name == 'help-wanted'
        runs-on: ubuntu-latest
        steps:
          - name: Add comment
            uses: peter-evans/create-or-update-comment@v1
            with:
              issue-number: ${{ github.event.issue.number }}
              body: |
                This issue is available for anyone to work on. **Make sure to reference this issue in your pull request.** :sparkles: Thank you for your contribution! :sparkles:
  4. Customize the parameters in your workflow file:

    • Replace help-wanted in if: github.event.label.name == 'help-wanted' with the label that you want to act on. If you want to act on more than one label, separate the conditions with ||. For example, if: github.event.label.name == 'bug' || github.event.label.name == 'fix me' will comment whenever the bug or fix me labels are added to an issue.
    • Change the value for body to the comment that you want to add. GitHub flavored markdown is supported. For more information about markdown, see "Basic writing and formatting syntax."
  5. ワークフローファイルを、リポジトリのデフォルトブランチにコミットしてください。 詳細は「新しいファイルを作成する」を参照してください。

Testing the workflow

Every time an issue in your repository is labeled, this workflow will run. If the label that was added is one of the labels that you specified in your workflow file, the peter-evans/create-or-update-comment action will add the comment that you specified to the issue.

Test your workflow by applying your specified label to an issue.

  1. Open an issue in your repository. For more information, see "Creating an issue."
  2. Label the issue with the specified label in your workflow file. For more information, see "Managing labels."
  3. To see the workflow run triggered by labeling the issue, view the history of your workflow runs. 詳しい情報については、「ワークフロー実行の履歴を表示する」を参照してください。
  4. When the workflow completes, the issue that you labeled should have a comment added.

次のステップ

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.