Skip to main content

メールアドレスを検証する

プライマリメールアドレスを検証することでセキュリティが強化され、パスワードを忘れた場合、GitHub スタッフによる支援がさらに充実し、GitHub のその他の機能にアクセスできるようになります。

メール検証について

新しいアカウントにサインアップした後、または新しいメールアドレスを追加するときに、メールアドレスを検証できます。 メールアドレスが配信不能またはバウンスしている場合、そのメールアドレスは未検証になります。

メールアドレスを検証しなければ、次のことができません:

  • リポジトリを作成またはフォークすること
  • Issue またはプルリクエストを作成すること
  • Issue、プルリクエスト、あるいはコメントにコメントする
  • OAuth App アプリケーションを承認すること
  • 個人アクセストークンを生成すること
  • メール通知を受け取る
  • リポジトリに Star を付けること
  • カードの追加を含めて、プロジェクトボードを作成、更新すること
  • Gist を作成すること
  • GitHub Actions を作成または利用すること
  • GitHub Sponsors で開発者をスポンサーする

警告:

  • 使い捨てのメールアドレスサービス(一定期間後に期限切れになる一時的なアドレスでメールを受信できるようにしてくれるサービス)からのメールアドレスは検証できません。 メールアドレスをプライベートにしておきたいなら、GitHub が提供する noreply メールアドレスを使ってください。 詳しくは、「GitHub のコミットメールアドレスを設定する」を参照してください。
  • あなたがメンバーになっているOrganizationがメール通知を承認されたメールドメインに制限しているなら、メールアドレスを検証して、そのドメインでOrganization内のアクティビティに関するメール通知を受けるようにしなければなりません。 詳細については、「承認済みドメインへのメール通知の制限」を参照してください。

メールアドレスを検証する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the "Access" section of the sidebar, click Emails.

  3. メールアドレスの下にある [確認メールの再送信] をクリックします。 [確認メールの再送信] リンク

  4. GitHub からリンクが記載された電子メールが送信されます。 そのリンクをクリックすると、GitHub ダッシュボードに移動して確認バナーが表示されます。 メールが検証されたことを知らせるバナー

メール検証のトラブルシューティング

検証メールを送信できない

使い捨てのメールアドレスサービス(一定期間後に期限切れになる一時的なアドレスでメールを受信できるようにしてくれるサービス)からのメールアドレスは検証できません。 メールアドレスをプライベートにしておきたいなら、GitHub が提供する noreply メールアドレスを使ってください。 詳しくは、「GitHub のコミットメールアドレスを設定する」を参照してください。

検証用リンクは、24 時間で期限が切れます。 24 時間以内にメールを検証しなかった場合、新たなメール検証用リンクをリクエストできます。 詳細については、「メール アドレスを検証する」を参照してください。

検証メールのリンクを 24 時間以内にクリックし、エラーページが表示された場合は、GitHub.com で正しいアカウントにサインインしているか確認してください。

  1. GitHub.com の個人アカウントの Sign out
  2. ブラウザを閉じて再起動します。
  3. GitHub.com の個人アカウントの Sign in
  4. 弊社が送ったメール上の検証リンクをクリックします。

参考資料