Skip to main content

GitHub Copilot Enterprise 機能の有効化

GitHub Copilot Enterprise で使用できる機能を有効または無効にする方法について説明します。

はじめに

ユーザーが Copilot Enterprise 機能を使用できるようにするには、GitHub Enterprise Cloud Enterprise に Copilot Enterprise のサブスクリプションが必要です。 詳しくは、「GitHub Copilot のクイック スタート」を参照してください。

Copilot へのアクセスは、Enterprise レベルと Organization レベルで決定されます。

Copilot へのアクセスが有効になっている場合は、GitHub.com で Copilot を使用する権限などの機能を構成できます。 機能は、Enterprise レベルまたは Organization レベルで有効または無効になります。

  • Enterprise のオーナーは、Copilot 機能を、Copilot にアクセスできる Enterprise 内のすべての Organization に対して有効または無効に設定できます。 または、各 Organization が機能ごとに独自のポリシーを設定できるようにすることもできます。
  • Enterprise のオーナーが許可している場合、Organization のオーナーは、Organization の Copilot 機能を有効または無効にすることができます。

この記事では、Enterprise レベルおよび個々の Organization の GitHub Copilot Enterprise の機能を有効または無効にする方法について説明します。

Copilot Enterprise 機能について

GitHub Copilot Enterprise には、GitHub.com でのエクスペリエンスを向上させる AI 機能が用意されています。たとえば、ブラウザーで Copilot とチャットしたり、プロジェクト リポジトリ全体から Copilot のコンテキストを参照したりできます。 詳しくは、「GitHub Copilot Enterprise 機能セット」を参照してください。

メンバーには、機能へのアクセス権が付与されると、アクセス権があることが Email で通知されます。 このメッセージには、機能の使用を開始する方法に関する手順が含まれています。

エンタープライズでの GitHub Copilot Enterprise 機能の有効化または無効化

エンタープライズの所有者は、すべての組織で GitHub Copilot Enterprise 機能を有効にするか、すべての組織で無効にするか、あるいは各組織が機能に対して独自のポリシーを選択できるようにするかを選択できます。 既定では、各組織は独自のポリシーを選択できます。

  1. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ポリシー] をクリックします。

  2. " [ポリシー]" で [Copilot] をクリックします。

  3. [GitHub Copilot Business] または [GitHub Copilot Enterprise] 管理ページで、[ポリシー] タブをクリックします。

  4. [Copilot in GitHub.com] (GitHub.com の Copilot) の横にあるドロップダウン メニューをクリックし、適用するポリシーを選択します。

    • [ポリシーなし] - 各組織が独自のポリシーを設定できるようにします。 [Copilot in GitHub.com] (GitHub.com の Copilot) は、最初はすべての Organization で無効になっていますが、organization の設定で組織の所有者が有効にすることができます。
    • [有効] - [Copilot in GitHub.com] (GitHub.com の Copilot Enterprise) の使用を、Copilot への権利を与えられている、エンタープライズの組織の全メンバーに許可します。
    • [無効] - 組織がエンタープライズの Copilot Enterprise サブスクリプションのメンバーに Copilot Enterprise シートを割り当てないようにします。
  5. [有効] を選択すると、2 つのチェック ボックスが表示されます。

    • Copilot にBing へのアクセス権を付与する - これは既定では選択されていません。 このチェック ボックスを選択すると、GitHub Copilot Chat が Bing 検索結果を使用して応答に対する情報を提供できます。 詳しくは、「Using GitHub Copilot Chat in GitHub.com」を参照してください。
    • ユーザー フィードバック収集にオプトインする - これは既定で選択されています。 このチェック ボックスをオフにすると、Copilot が pull request の概要を生成した後に、サムズアップおよびサムズダウンのフィードバック アイコンが表示されないようになります。 ユーザー フィードバックの収集にオプトインした場合、ユーザーがこれらのアイコンのいずれかを選択すると、pull request の概要が GitHub に返され、ユーザーのフィードバックのコンテキストが提供されます。 このチェック ボックスをオフにすると、Copilot Chat パネルの各応答の下にサムズアップおよびサムズダウンのフィードバック アイコンが引き続き表示され、ユーザーは通常はチャット パネルの [フィードバックの送信] リンクを使用して、Copilot に関する書面でのフィードバックを GitHub に送信できます。 詳しくは、「Using GitHub Copilot Chat in GitHub.com」を参照してください。

    注:

    • [Copilot in GitHub.com] (GitHub.com の Copilot) オプションで [ポリシーなし] を選択した場合、GitHub Copilot Enterprise を有効にした組織で ユーザー フィードバックが許可されます。 組織の所有者は、Copilot に Bing へのアクセスを許可するかどうかを選択できます。
    • Copilot Chat in GitHub.com への Bing 検索の統合は現在ベータ版であり、変更される可能性があります。

組織での Copilot Enterprise 機能の有効化または無効化

組織内のユーザーまたはチームに GitHub Copilot Enterprise へのアクセスを許可するには、そのユーザーまたはチームに GitHub Copilot シートを割り当てる必要があります。 GitHub Enterprise Cloud 管理者が組織での Copilot Business サブスクリプションを有効にすると、GitHub Copilot シートを Organization 内の個人とチームに割り当てることができるようになります。 組織内のすべての現在および将来のユーザー、または組織内の特定のユーザーに対してアクセスを有効にするには、「Granting access to Copilot for members of your organization」の手順に従います。

組織の親企業がエンタープライズ設定で [GitHub.com の Copilot] に [ポリシーなし] を選択している場合、GitHub Copilot Enterprise は組織の既定で無効になります。 組織のオーナーは、Copilot にアクセスできる組織のメンバーすべてに対して、GitHub Copilot Enterprise によって提供される追加機能を有効または無効にすることができます。

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. サイドバーの 「コード、計画、自動化」セクションで、「 Copilot」をクリックし、「ポリシー」をクリックします。

    注: サイド パネルに Copilot[アクセス] オプションのみが含まれている場合は、組織が Copilot シートを割り当てることを許可する必要があります。 "Granting access to Copilot for members of your organization" で Copilot アクセスを構成する手順を完了し、この手順に戻ります。

  4. GitHub.com の [Copilot] の横にあるドロップダウン メニュー (既定では [無効] のラベルが付いています) を選択し、次のオプションから選択します。

    • 有効: この機能は、組織のすべてのメンバーに対して有効になっています。
    • 無効: この機能は、組織のすべてのメンバーに対して無効になっています。
  5. [有効] を選択した場合、「Copilotに Bing へのアクセス許可を与える」のオプションが表示されます。

    Copilotに Bing へのアクセス許可を与える」を選択し、Copilot ChatがBingの検索結果を使用して必要に応じて質問に回答できるようにします。

Organization の Copilot Enterprise 機能の構成

Copilot Enterprise が Organization に対して有効になった後、管理者は、ユーザーが優れたオンボーディング環境を得られるように Organization のセットアップに数分を費やす必要があります。

  1. Organization で最もよく使用されるリポジトリのインデックスを作成します。

    Copilot Enterprise は、リポジトリでセマンティック コードのインデックス作成が有効になっている場合に最適です。 詳しくは、「Using GitHub Copilot Chat in GitHub.com」をご覧ください。

    注:

    大規模なリポジトリでは、最初のインデックス作成に最大 30 分かかることがあります。 リポジトリのインデックス作成が初めて行われると、更新プログラムのインデックス作成がはるかに迅速になります (通常は 5 分以内)。

  2. 少なくとも 1 つのサポート技術情報を作成します。

    サポート技術情報では、1 つまたは複数のリポジトリにわたって Markdown ドキュメントがまとめられ、Copilot Enterprise を介して使用できるようになります。 作成されると、Organization のメンバーは、サポート技術情報を Copilot Chat in GitHub.com のコンテキストとして指定できます。 詳しくは、「Managing Copilot knowledge bases」を参照してください。

参考資料