Skip to main content

環境での GitHub Copilot のログの表示

IDE で GitHub Copilot 関連のエラーのトラブルシューティングのログを表示します。

Who can use this feature?

GitHub Copilot は、GitHub Copilot Individual の個人アカウントと GitHub Copilot Business の Organization アカウントまたは Enterprise アカウントで利用できます。

確認が取れている学生、教師、およびパブリックのオープン ソース プロジェクトのメンテナンス担当者は、GitHub Copilot を無料で使うことができます。 詳細については、「GitHub Copilot の課金について」を参照してください。

ログ ファイルの収集

ログ ファイルの場所は、お使いの JetBrains IDE によって異なります。 詳しくは、「環境での GitHub Copilot の構成」を参照してください。

以下の手順は、次の各 JetBrains IDE のログ ファイルを表示および収集する方法を説明するものです。

  • IntelliJ IDEA
  • Android Studio
  • GoLand
  • PhpStorm
  • PyCharm
  • RubyMine
  • WebStorm

GitHub Copilot 拡張機能のログは IntelliJ プラグインの IDEA ログの場所に記録されます。

  1. お使いの JetBrains IDE で [ヘルプ] メニューを開きます。
  2. [Show Log in Finder] (Finder でログを表示する) に移動します。
  3. 任意のエディターで idea.log を開き、GitHub または GitHub Copilot に関連するエラーがないか探します。

詳しくは、IntelliJ ドキュメントの「IDE ログ ファイルを見つける」を参照してください。

Rider からログ ファイルを収集する

  1. Rider で、 [ヘルプ] メニューを開きます。
  2. [診断ツール] に移動します。
  3. [ログインの表示] に移動します。
  4. 任意のエディターで idea.log を開き、GitHub または GitHub Copilot に関連するエラーがないか探します。

デバッグ モードを有効にします

ログ ファイルに問題を解決するための十分な情報が含まれていない場合は、デバッグ ログを一時的に有効にすることが役立つ場合があります。 これは、ネットワーク関連の問題のデバッグに特に役立ちます。

  1. メニュー バーで、[ヘルプ] をクリックし、[診断ツール] を選択して、[ログ設定のデバッグ]をクリックします。

    JetBrains IDE のメニュー バーのスクリーンショット。 [ヘルプ] メニューと [診断ツール] サブメニューが展開され、[デバッグ ログの設定] オプションが青色で強調表示されています。

  2. 「カスタム デバッグ ログの構成」 ウィンドウで、次の内容の新しい行を追加し、[OK] をクリックします。

    Text
    #com.github.copilot:trace
    
  3. 問題が再び発生するまで IDE を使用し続け、「ログ ファイルの収集」の説明に従ってログ ファイルを収集します。

  4. 必要な情報がある場合は、[カスタム デバッグ ログの構成] ウィンドウから削除 #com.github.copilot:trace してデバッグ モードを無効にします。

ネットワーク接続診断ログの表示

ネットワークの制限、ファイアウォール、またはプロキシの設定によって GitHub Copilot への接続に問題が発生した場合は、次のトラブルシューティング手順を使用します。

  1. メニュー バーの [ツール] をクリックし、[GitHub Copilot] を選択して、[ログ診断] をクリックします。
  2. JetBrains IDE で idea.log ファイルが開き、診断出力が表示されます。 または、任意のエディターで idea.log ファイルを開くこともできます。
  3. [到達可能性] のセクションで、GitHub Copilot が必要なサービスにアクセスできるかどうかを確認します。

注: エラーが認証に関連している場合は、これらのログ Custom Certificates: の行を確認すると役立ちます。 この行に disabled が表示されている場合、GitHub Copilot Business は使用されていないので、カスタム認証はサポートされていません。 詳しくは、「GitHub Copilot Business について」を参照してください。

カスタム証明書を使用している場合は、証明書がオペレーティング システムに正しくインストールされていることを確認します。「GitHub Copilot のネットワークエラーのトラブルシューティング」を参照してください。 次のトラブルシューティング手順を使用します。

  1. メニュー バーの [ツール] をクリックし、[GitHub Copilot] を選択して、[CA 証明書のログ] をクリックします。
  2. idea.log ファイルは、PEM 形式でログに記録された信頼された CA 証明書を使用して JetBrains IDE で開く必要があります。 すべての出力を表示するには、idea.log ファイルの更新が必要な場合があります。 または、任意のエディターで idea.log ファイルを開くこともできます。
  3. 期待するカスタム証明書が証明書一覧の出力に含まれているかどうかを確認します。

Visual Studio でログを表示する

GitHub Copilot 拡張機能のログ ファイルは、Visual Studio 拡張機能の標準ログの場所に格納されます。

  1. Visual Studio の [表示] メニューを開きます。
  2. [出力] をクリックします。
  3. [出力ビュー] ペインの右側で、ドロップダウン メニューから [GitHub Copilot] を選びます。

参考資料

ログ ファイルの表示と収集

GitHub Copilot 拡張機能のログ ファイルは、Visual Studio Code 拡張機能の標準ログの場所に格納されます。 ログ ファイルは、接続の問題を診断するのに役立ちます。

  1. Visual Studio Code の [表示] メニューを開きます。
  2. [出力] をクリックします。
  3. [出力ビュー] ペインの右側で、ドロップダウン メニューから [GitHub Copilot] を選びます。

または、システムのエクスプローラーで Visual Studio Code 拡張機能のログ フォルダーを開くことができます。 これは、ログ ファイルをサポート チームに転送する必要がある場合に便利です。

  1. VS Code Command Palette を開きます。
    • Mac の場合:
      • Shift+Command+P キーを使用します。
    • Windows または Linux の場合:
      • Ctrl+Shift+P キーを使用します。
  2. 「Logs」と入力し、一覧から [開発者: 拡張機能ログ フォルダーを開く] を選びます。

ネットワーク接続診断ログの表示

ネットワークの制限、ファイアウォール、またはプロキシの設定によって GitHub Copilot への接続に問題が発生した場合は、次のトラブルシューティング手順を使用します。

  1. VS Code Command Palette を開きます。
    • Mac の場合:
      • Shift+Command+P キーを使用します。
    • Windows または Linux の場合:
      • Ctrl+Shift+P キーを使用します。
  2. 「Diagnostics」と入力し、一覧から [GitHub Copilot: 診断の収集] を選びます。 これにより、自分で検査したり、サポート チームと共有したりできる関連情報を含む新しいエディターが開きます。
  3. [到達可能性] のセクションを確認して、GitHub Copilot が実際に必要なサービスにアクセスできるかどうかを判断します。

注: エラーが認証に関連している場合は、これらのログ Custom Certificates: の行を確認すると役立ちます。 この行に disabled が表示されている場合、GitHub Copilot Business は使用されていないので、カスタム認証はサポートされていません。 詳しくは、「GitHub Copilot Business について」を参照してください。

Electron ログの表示

まれに、対応するエラー ハンドラーにエラーが反映されず、通常の場所にログされないことがあります。 エラーが発生し、ログに何も表示されない場合は、VS Code と拡張機能を実行しているプロセスからログを確認してみてください。

  1. VS Code Command Palette を開きます。

    • Mac の場合:
      • Shift+Command+P キーを使用します。
    • Windows または Linux の場合:
      • Ctrl+Shift+P キーを使用します。
  2. 「Toggle」と入力し、一覧から [開発者: 開発者ツールの切り替え] を選びます。

  3. [開発者ツール] ウィンドウで、 [コンソール] タブを選んで、エラーまたは警告がないか確認します。

    Visual Studio Code の [開発者ツール] ウィンドウのスクリーンショット。 [コンソール] タブが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

参考資料

GitHub Copilot が動作しているかどうかを調べる

GitHub Copilot が動作しているかどうかを調べるには、Vim または Neovim で次のコマンドを実行します。

:Copilot status