Skip to main content

企業内の Copilot のポリシーと機能を管理する

Enterprise のオーナーは、GitHub Copilot の可用性とその機能を、Enterprise 内のすべての Organization に対して制御できます。

この機能を使用できるユーザーについて

Enterprise owners

Copilot Enterprise or Copilot Business

エンタープライズの GitHub Copilot のポリシーについて

Copilot の可用性とその機能を制御するポリシーを、企業および組織で設定できます。

企業の Copilot ポリシーには、3 つの適用オプション があります:

  • ポリシーなし - この機能は最初は組織レベルで無効になっていますが、企業で Copilot が有効になっている各組織は、その機能に対して独自のポリシーを設定できます。
  • 有効 - この機能は、企業で Copilot が有効になっているすべての組織で利用できます。
  • 無効 - この機能は、企業で Copilot が有効になっているすべての組織でブロックされます。

ポリシーが企業レベルで有効または無効になっている場合、同じポリシーを組織レベルで変更することはできません。

企業レベルでポリシーが選択されておらず、企業内の複数の組織が異なるポリシーを選択して同じユーザーにアクセスを許可している場合、最も制限の厳しいポリシーが適用されます。

企業には、次のいずれかのポリシーを構成できます:

GitHub.com

での Copilot

Copilot Enterprise ライセンスがあれば、"GitHub.com の Copilot" を有効化して、企業メンバーに、以下を含む、GitHub.com の AI 機能へのアクセス権を提供できます:

  • GitHub.com での GitHub Copilot Chat - GitHub.com のチャット インターフェイス内で GitHub Copilot にコード関連の質問を尋ねることができます。 一般的な質問や、リポジトリ、問題、ファイル、シンボルなど、特定のコンテキスト内での質問を行うことができます。
  • Copilot pull request 概要 - Copilot は、自然言語を使用して、プルリクエストで行われた変更の概要と影響を受けたファイルの一覧を生成できます。 この概要は、レビュー担当者が提案された変更をすばやく理解するのに役立ちます。
  • Copilot サポート技術情報 - 組織の所有者は、1 つ以上のリポジトリにわたって Markdown ドキュメントで構成されるサポート技術情報を作成できます。これにより、組織のメンバーは、Copilot Chat in GitHub.com、Visual Studio Code の Copilot Chat、および Visual Studio の Copilot Chat で質問する場合、コンテキストとしてそのドキュメントを使用できます。

"GitHub.com で Copilot" を有効にした場合は、追加機能を構成することもできます:

  • ユーザー フィードバック収集にオプトインする - 有効にすると、Copilot がプルリクエストの概要を生成した後に、企業のメンバーがフィードバックを提供でき、概要はコンテキストのために GitHub に送信されます。 無効にした場合でも、企業のメンバーは、各 Copilot Chat 応答の後、および会話の [フィードバックの送信] リンクを介してフィードバックを提供できます。

GitHub Copilot in the CLI

GitHub Copilot in the CLI は GitHub CLI の拡張機能であり、ターミナルでチャットのようなインターフェイスを提供します。 コマンドの提案、または実行するコマンドの説明を求めて GitHub Copilot に質問することができます。

IDE の GitHub Copilot Chat

IDE で GitHub Copilot とチャットして、コンテキストを切り替えることなく、コーディング関連の質問に対するコードの提案と回答を取得できます。

GitHub Copilot Chat in GitHub Mobile

は、GitHub Copilot と対話できるチャット インターフェイスであり、GitHub Mobile 内でコーディング関連の質問をすると回答を受け取ることができます。

GitHub Copilot Extensions

Note

GitHub Copilot Extensions は限定パブリック ベータ版であり、変更される可能性があります。

GitHub Copilot Extensions は外部ツールを GitHub Copilot Chat と統合し、企業のメンバーがコンテキストの切り替えを減らし、自然言語を使用してツールを操作し、Copilot Chat エクスペリエンスをカスタマイズするのに役立ちます。

パブリック コードに一致する候補

GitHub Copilot には、GitHub のパブリック コードと一致するコード候補を検出するフィルターが含まれています。 フィルターが有効になっていると、GitHub Copilot によって、周囲の約 150 文字のコードに関するコード候補が、GitHub でのパブリック コードに対してチェックされます。 一致または近い一致がある場合、候補は表示されません。

Copilot に Bing へアクセス権を与える

Note

GitHub.com の Copilot Chat、VS Code、および Visual Studio への Bing 検索統合は現在ベータ版であり、変更される可能性があります。

GitHub Copilot Chat では、Bing を使用して、インターネットで質問に関連する情報を検索することで、強化された応答を提供できます。 Bing 検索は、新しいテクノロジや非常に具体的なテーマについて話し合うときに特に役立ちます。

GitHub Copilot のポリシーの構成

  1. GitHub の右上の自分のプロフィール写真をクリックし、[自分の Enterprise] をクリックします。

  2. Enterpriseのリストで、表示したいEnterpriseをクリックしてください。

  3. ページの左側にある Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ポリシー] をクリックします。

  4. " [ポリシー]" セクションで [Copilot] をクリックします。

  5. 「GitHub Copilot」ページで、[ポリシー] タブをクリックします。

  6. 構成するポリシーごとに、ドロップダウン メニューをクリックし、適用オプションを選択します。