リポジトリへのライセンスの追加

他の人がコントリビュートしやすくなるように、リポジトリにオープンソースライセンスを含めておくことができます。

リポジトリに見つけやすいライセンスを含めておくと、リポジトリにアクセスした人はリポジトリページの先頭ですぐに見つけることができます。 ライセンスファイル全体を読むには、ライセンスの名前をクリックします。

MIT ライセンスを持つリポジトリヘッダ

オープンソースライセンスによって、他者が自由にリポジトリ中のプロジェクトを利用、変更、配布できるようになります。 リポジトリのライセンスに関する詳しい情報についてはリポジトリのライセンスを参照してください。

リポジトリにオープンソースライセンスを含める

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. ファイルのリストの上で、Add file(ファイルの追加)ドロップダウンを使い、Create new file(新規ファイルの作成をクリックしてください。 "ファイルの追加"ドロップダウン内の"新規ファイル作成"

  3. ファイル名フィールドで、LICENSE あるいは LICENSE.md (すべて大文字) と入力します。

  4. ファイル名フィールドの右で、[Choose a license template] をクリックします。 ライセンステンプレートの選択ボタン

  5. ページの左側、[Add a license to your project] の下で、利用可能なライセンスをレビューして、リストからライセンスを選択してください。 利用可能なライセンスのリスト

  6. [Review and submit] をクリックします。 [Review and submit] ボタン

  7. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しい情報については「複数の共作者を持つコミットの作成」を参照してください。 変更のコミットメッセージ

  8. コミットメッセージフィールドの下で、コミットを追加を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳しい情報については「新しいプルリクエストの作成」を参照してください。 コミットブランチのオプション

  9. 複数のメールアドレスが GitHubアカウントに関連づけられているなら、メールアドレスのドロップダウンメニューをクリックし、Gitの作者のメールアドレスとして使いたいメールアドレスを選択してください。 このドロップダウンメニューには、検証済みのメールアドレスだけが表示されます。 メールアドレスのプライバシーを有効化している場合、<username>@users.noreply.github.comがデフォルトのコミット作者メールアドレスになります。 詳細は「コミットメールアドレスを設定する」を参照してください。 コミットメールアドレスの選択

  10. [Commit new file] をクリックします。 ブランチへのライセンスのコミット

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡