Skip to main content

リポジトリへのライセンスの追加

この記事では、次の項目が扱われます。

他の人がコントリビュートしやすくなるように、リポジトリにオープンソースライセンスを含めておくことができます。

リポジトリに見つけやすいライセンスを含めておくと、リポジトリにアクセスした人はリポジトリページの先頭ですぐに見つけることができます。 ライセンスファイル全体を読むには、ライセンスの名前をクリックします。

MIT ライセンスを持つリポジトリヘッダ

オープンソースライセンスによって、他者が自由にリポジトリ中のプロジェクトを利用、変更、配布できるようになります。 リポジトリ ライセンスの詳細については、「リポジトリのライセンス」を参照してください。

リポジトリにオープンソースライセンスを含める

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. ファイルの一覧の上にある、 [ファイルの追加] ドロップダウンを使用し、 [新しいファイルの作成] をクリックします。 [ファイルの追加] ドロップダウンの [新しいファイルの作成]
  2. ファイル名フィールドに、「LICENSE」または「LICENSE.md」 (すべて大文字) と入力します。
  3. [ファイル名] フィールドの右側にある [ライセンス テンプレートの選択] をクリックします。 [ライセンス テンプレートの選択] ボタン
  4. ページの左側、[Add a license to your project] の下で、利用可能なライセンスをレビューして、リストからライセンスを選択してください。 利用可能なライセンスのリスト
  5. [確認して送信] をクリックします。 [確認して送信] ボタン 1. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳細については、「複数の共同作成者とのコミットの作成」を参照してください。 変更のコミット メッセージ 1. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳細については、「新しい pull request の作成」を参照してください。 コミット ブランチのオプション
  6. GitHub.com のアカウントに複数のメール アドレスが関連付けられている場合は、[メール アドレス] ドロップダウン メニューをクリックし、Git 作成者のメール アドレスとして使用するメール アドレスを選択します。 このドロップダウンメニューには、検証済みのメールアドレスだけが表示されます。 メール アドレスのプライバシーを有効にした場合は、<username>@users.noreply.github.com が既定のコミット作成者のメール アドレスになります。 詳細については、「コミット メール アドレスの設定」を参照してください。 コミット メール アドレスの選択
  7. [新しいファイルのコミット] をクリックします。 ブランチへのライセンスのコミット

参考資料