Dockeerレジストリからコンテナレジストリへの移行

以前はDockerレジストリに保存されていたDockerイメージは、自動的にコンテナレジストリに移行されます。

GitHub PackagesはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server、GitHub AEで利用できます。


GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 また、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントは、リポジトリごとに課金されるため、コンテナレジストリにはアクセスできません。 詳しい情報については「[GitHubの製品](/articles/github-s-products)」を参照してください。

GitHubのDockerレジストリは、コンテナレジストリで置き換えられました。 DockerイメージをDockerレジストリに保存していたなら、それらは自動的にコンテナレジストリに移されます。 あなたは何もする必要がありません。 Dockerレジストリ(docker.pkg.github.com) に名前空間を使っていたスクリプトやGitHub Actionsのワークフローは、コンテナレジストリ(ghcr.io)への移行後も動作し続けます。

移行は一度にではなく、徐々に行われます。 まだイメージが移動されていなければ、待ち続けてください。遠からずそれらは移行されます。

イメージが移行されたかはどうすれば分かりますか?

Dockerイメージがコンテナレジストリに移行されると、そのパッケージの詳細ページに以下の変更が示されます。

  • 以前はDockerロゴだったアイコンはコンテナレジストリロゴになります。
  • 以前はdocker.pkg.github.comだったプルURL内のドメインは、ghcr.ioになります。

コンテナレジストリ詳細ページ

コンテナレジストリとDockerレジストリの主な違い

コンテナレジストリは、コンテナに固有の要求をサポートするために最適化されています。

コンテナレジストリを使うと、以下のことができます。

  • コンテナイメージをOrganizationやユーザアカウント内に保存するか、リポジトリに接続する。
  • 権限をリポジトリから継承するか、リポジトリとは独立に詳細な権限を設定するかを選択する。
  • 匿名でパブリックなコンテナイメージにアクセスする。

Dockerイメージの詳細に関するAPIクエリ

移行後は、GraphQL APIを使ってPackageType "DOCKER"のパッケージに対するクエリを実行することはできなくなります。 その代わりに、REST APIを使ってpackage_type "container"のパッケージに対するクエリを実行できるようになります。 詳しい情報については、REST APIの記事「パッケージ」を参照してください。

支払い

コンテナレジストリに対する支払に関する詳しい情報については「GitHub Packagesの支払について」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?