ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Introduction to GitHub Packages

GitHub Packages is a software package hosting service that allows you to host your software packages privately or publicly and use packages as dependencies in your projects.

GitHub PackagesはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server、GitHub AEで利用できます。


GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 また、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントは、リポジトリごとに課金されるため、コンテナレジストリにはアクセスできません。 詳しい情報については「[GitHubの製品](/articles/github-s-products)」を参照してください。

About GitHub Packages

GitHub Packages is a platform for hosting and managing packages, including containers and other dependencies. GitHub Packages combines your source code and packages in one place to provide integrated permissions management and billing, so you can centralize your software development on GitHub.

You can integrate GitHub Packages with GitHub APIs, GitHub Actions, and webhooks to create an end-to-end DevOps workflow that includes your code, CI, and deployment solutions.

GitHub Packages offers different package registries for commonly used package managers, such as npm, RubyGems, Apache Maven, Gradle, Docker, and NuGet. The コンテナレジストリ is optimized for containers and supports Docker and OCI images. For more information on the different package registries that GitHub Packages supports, see "Working with a GitHub Packages registry."

Diagram showing packages support for Docker, Container registry, RubyGems, npm, Apache Maven, NuGet, and Gradle

You can view a package's README, as well as metadata such as licensing, download statistics, version history, and more on GitHub. For more information, see "Viewing packages."

Overview of package permissions and visibility

PermissionsThe permissions for a package are either inherited from the repository where the package is hosted or, for packages in the コンテナレジストリ, they can be defined for specific user or organization accounts. For more information, see "Configuring a package’s access control and visibility."
VisibilityYou can publish packages in a public repository (public packages) to share with all of GitHub, or in a private repository (private packages) to share with collaborators or an organization.

For more information, see "About permissions for GitHub Packages."

About billing for GitHub Packages

GitHub Packagesの利用は、パブリックパッケージについては無料です。 プライベートパッケージについては、それぞれのGitHubアカウントは一定量の無料のストレージとデータ転送を、そのアカウントで使っている製品に応じて受け取ります。 含まれる金額を超える利用については、支出制限によって管理されます。 月額料金のお客様の場合、デフォルトではアカウントの料金の上限は$0になっており、含まれている量に達した後に追加でストレージやデータ転送が利用されないようになっています。 請求書でアカウントの支払いを行う場合、アカウントのデフォルトの支払い制限は無制限になります。 For more information, see "About billing for GitHub Packages."

Supported clients and formats

GitHub Packages uses the native package tooling commands you're already familiar with to publish and install package versions.

Support for package registries

LanguageDescriptionPackage formatPackage client
JavaScriptNode package managerpackage.jsonnpm
RubyRubyGems package managerGemfilegem
JavaApache Maven project management and comprehension toolpom.xmlmvn
JavaGradle build automation tool for Javabuild.gradle or build.gradle.ktsgradle
.NETNuGet package management for .NETnupkgdotnet CLI
N/ADocker container managementDockerfileDocker

For more information about configuring your package client for use with GitHub Packages, see "Working with a GitHub Packages registry."

For more information about Docker and the コンテナレジストリ, see "Working with the Container registry" and "Working with the Docker registry."

Authenticating to GitHub Packages

GitHub Packagesでパッケージを公開、インストール、削除するにはアクセストークンが必要です。

GitHub Packages、あるいはGitHub APIで認証を受けるのに、個人のアクセストークン(PAT)が利用できます。 個人トークンを作成する際には、必要に応じて様々なスコープをトークンに割り当てできます。 PATに関するパッケージ関連のスコープについての詳しい情報は、「GitHub Packagesの権限について」を参照してください。

GitHub Actionsワークフロー内でGitHub Packagesレジストリに認証を受けるには、以下の方法が使えます。

  • GITHUB_TOKENを使って、ワークフローリポジトリに関連づけられたパッケージを公開。
  • PATで他のプライベートリポジトリ(これにはGITHUB_TOKENがアクセスできない)に関連づけられたパッケージをインストール。

GitHub Actionsワークフローで使われるGITHUB_TOKENに関する詳しい情報については「ワークフローでの認証」を参照してください。

Managing packages

You can delete a package in the GitHub user interface or using the REST API. For more information, see the "GitHub Packages API."

When you use the GraphQL API to query and delete private packages, you must use the same token you use to authenticate to GitHub Packages. For more information, see "Deleting and restoring a package" and "Forming calls with GraphQL."

You can configure webhooks to subscribe to package-related events, such as when a package is published or updated. For more information, see the "package webhook event."

Contacting support

If you have feedback or feature requests for GitHub Packages, use the feedback form for GitHub Packages.

Contact GitHub Support about GitHub Packages using our contact form if:

  • You experience anything that contradicts the documentation
  • You encounter vague or unclear errors
  • Your published package contains sensitive data, such as GDPR violations, API Keys, or personally identifying information

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡