Skip to main content

GitHubパッケージの支払いについて

アカウントに含まれるストレージやデータ転送を超えてGitHub Packagesを使用したい場合は、追加の使用分が請求されます。

この機能を使用できるユーザーについて

GitHub Packages は、GitHub Free、GitHub Pro、組織の GitHub Free、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server 3.0 以降、 で利用できます。
GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 また、従来のリポジトリごとのプランを利用しているアカウントは、リポジトリごとに課金されるため、詳細なアクセス許可をサポートしているレジストリにはアクセスできません。 詳細なアクセス許可をサポートするレジストリの一覧については、「GitHub Packagesの権限について」を参照してください。 詳しくは、「GitHub のプラン」をご覧ください。

GitHub Packages の課金について

注記: GitHub では、前もって利用ベースのコスト値に対して一時的に承認が保留となることがあります。これは、アカウントの支払方法に保留中の請求として表示されます。

GitHub Packagesの利用は、パブリックパッケージについては無料です。 プライベート パッケージについては、GitHub.com の各アカウントは、一定量の無料のストレージとデータ転送を、そのアカウントのプランに応じて受け取ります。 含まれる量を超える使用は、使用制限によって制御されます。

月額料金のお客様の場合、既定のアカウントの料金の上限は 0 米国ドル (USD) になっており、含まれている量に達した後に追加でストレージやデータ転送が利用されないようになっています。 アカウントを請求書で支払っている場合、そのアカウントの既定の使用制限は無制限となります。詳細については、「使用制限について」を参照してください。

コンテナー イメージ ストレージに対する課金の更新: Container registry のコンテナー イメージ ストレージと帯域幅の無料使用期間が延長されました。 Container registryを使用しているなら、少なくても支払い開始の1ヶ月前に通知され、支払いの予想金額の推定が示されます。 Container registry について詳しくは「コンテナレジストリの利用」をご覧ください。

組織所有者の場合は、Azure サブスクリプション ID を組織のアカウントに接続して、GitHub Packages を有効にし、自分のアカウントの金額を超えてその使用量を支払うことができます。 詳しくは、「Azure サブスクリプションを接続する」を参照してください。

データ転送は毎月リセットされますが、ストレージはリセットされません。

プランStorageデータ転送 (月あたり)
GitHub Free500 MB1GB
GitHub Pro2GB10 GB
組織の GitHub Free500 MB1GB
GitHub Team2GB10 GB
GitHub Enterprise Cloud50GB100GB

GitHub Actionsによってトリガーされる送信時のデータ転送と、ソースを問わず着信時のデータ転送は無料です。 GITHUB_TOKEN を使用して GitHub Packages にログインしている場合は、GitHub Actions を使用してパッケージをダウンロードしていると見なされます。

ホストされているセルフホスト
GITHUB_TOKEN を使用したアクセスFreeFree
personal access token を使用してアクセスするFree有料

ストレージの使用量は、ユーザ自身のアカウントで所有されているリポジトリのGitHub Actionsによって生成されるビルドアーチファクトと共有されます。 詳しくは、「GitHub Actions の課金について」を参照してください。

GitHubは、パッケージが公開されているリポジトリを所有するアカウントの利用状況に課金をします。 アカウントによる使用がこれらの制限を超え、使用制限を 0 米国ドルより上に設定している場合、日ごとにストレージの GB あたり 0.008 米国ドル、およびデータ転送の GB ごとに 0.50 米国ドルを支払うことになります。

たとえば、OrganizationがGitHub Teamを使用し、無制限の利用を許可しており、1か月あたりのストレージ使用量が150 GB、データ転送が50GBだった場合、そのOrganizationの当月の超過分はストレージが148GB、データ転送が40GBということです。 ストレージの超過分には、1 日ごとに GB あたり $0.008 USD、つまり 31 日の月で約 $37 USD かかります。 データ転送の超過分は、GBあたり0.50 USDまたは20 USDです。

消費型サービスのコストを見積もるために、GitHub 料金計算ツールを使用できます。

月末に、GitHubはデータ転送を最も近いGBに丸めます。

GitHub 毎月の使用量は、その月の時間あたりの利用状況に基づいて GB で算出されます。 たとえば、3 月の 10 日間に 3 GB のストレージを使用し、3 月の 21 日間に 12 GB 使用した場合、ストレージの使用量は次のようになります。

  • 3 GB x 10日 x (1日24 時間) = 720 GB時間
  • 12 GB x 21日 x (1日24 時間) = 6,048 GB時間
  • 720 GB 時間 + 6,048 GB 時間 = 合計 6,768 GB 時間
  • 6,768 GB時間 / (月あたり744時間) = 9.0967 GB月

月末に、GitHubはストレージ使用量を最も近いGBに丸めます。 そのため、3 月のストレージ使用量は 9.097 GB になります。

また、請求期間の途中でこの計算を使用して、その月の合計使用量を見積もることもできます。 たとえば、2 GB の空きストレージを提供する GitHub Team があなたの Organization で使用されている場合に、あなたが 4 月の最初の 5 日間に 0 GB を使用し、次の 10 日間に 1.5 GB を使用しており、さらに請求期間の最後の 15 日間に 3 GB を使用する予定であるとすると、その月の予想ストレージ使用量は次のようになります。

  • 0 GB x 5 日 x (1 日 24 時間) = 0 GB 時間
  • 0.5 GB x 10 日 x (1 日 24 時間) = 120 GB 時間
  • 3 GB x 15 日 x (1 日 24 時間) = 1080 GB 時間
  • 0 GB 時間 + 120 GB 時間 + 1080 GB 時間 = 合計 1200 GB 時間
  • 1200 GB 時間/(月あたり 744 時間) = 1.6 GB 月

実際のストレージ量が一時的に 2 GB を超えたとしても、その月の予想される 1.6 GB のストレージ使用量は 2 GB の制限を超えることはありません。

あなたのGitHub Packages 利用状況は、アカウントの既存の請求日、支払い方法、領収書を共有します。 GitHub.com のアカウントのすべてのサブスクリプションを表示するには、「プランと請求日を表示する」を参照してください。

支払い設定と有料の機能は、アカウントごとに個別に管理しなければなりません。 個人アカウント、Organizationアカウント、Enterpriseアカウントの設定は、各設定ページのコンテキストスイッチャを使って切り替えできます。 詳しくは、「GitHub の支払いについて」を参照してください。

利用上限について

月額料金のお客様の場合、既定のアカウントの料金の上限は 0 米国ドル (USD) になっており、含まれている量に達した後に追加でストレージやデータ転送が利用されないようになっています。 アカウントを請求書で支払っている場合、そのアカウントの既定の使用制限は無制限となります。

利用上限を無制限としているか、$0 USD 以上に利用上限を設定している場合、追加のストレージまたはデータ転送には、利用上限まで課金されます。これは超過分と呼ばれます。 アカウントのクーポンは、GitHub Packagesの過剰分には適用されません。

超過分は、請求期間に関係なく、常に毎月請求されます (アカウントが毎年請求されている場合でも同様です)。

あなたの使用量が制限を超えないようにするために、GitHub では、1 か月を通してストレージ使用量を継続的にチェックします。その場合は、現在のあなたの使用量を確認し、月末に予想される使用量を、そのときまでに変更が行われなかった場合にどのようになるかを計算します。 請求期間中に月単位の予想使用量が使用制限を超えた場合は、GitHub Packages と GitHub Actions の両方が無効にされ、超過分が発生しないようにします。

請求期間のどの時点においてもストレージの予想される最大使用量に対応する使用制限を設定する必要があります。 たとえば、あなたの Organization が GitHub Team を使用していて、使用制限を 50 米国ドルに設定しているとします。 GitHub Team には、2 GB の空きストレージがあります。 その量を超えて使用するストレージについて、GitHub では、1 日あたり 1 GB ごとに 0.008 米国ドル、または 31 日の月で 1 GB ごとに約 0.25 米国ドルを課金します。 つまり、設定した 50 ドルの使用制限は、その期間に追加される 200 GB のストレージに対して支払われることを意味します。 請求期間の 10 日目に 202 GB のストレージに達した場合、パッケージまたは GitHub Actions 成果物の次のプッシュは失敗します。その期間における平均消費量が 202 GB を下回っている場合でも、この請求期間内の使用制限によって支払い可能な最大ストレージ量に達していることがその理由です。

現在の請求期間内で使用制限に達しないようにするには、現在のストレージ使用量の一部を削除して、その月の残りの期間での予想使用量を解放します。 この方法を使用すれば、請求期間をより効果的に開始できます。 請求期間の終わりに近づくほど、この方法が予想される月単位の使用量に与える影響は小さくなります。

アカウントの使用制限の管理と変更について詳しくは、「GitHub パッケージの利用上限を管理する」を参照してください。

アカウントに未処理の未払い料金がある場合:

  • GitHub ActionsとGitHub Packagesのアカウントに含まれるストレージや分は、支払いの処理が成功するまでリセットされません。
  • 現在の支払い期間に対して残っているストレージや分をもつアカウントに対して、GitHub Actions及びGitHub Packagesは、含まれる利用に到達するまでは引き続き利用できます。
  • GitHub ActionsあるいはGitHub Packagesに対する現在の支払い期間に含まれる利用に達したアカウントについては、GitHub ActionsとGitHub Packagesはどちらもそれ以上の超過を避けるため、無効化されます。