Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

クローズしたproject (classic)を再オープンする

クローズしたclassic projectを再オープンし、classic project用に構成されたすべてのワークフロー自動化を再開できます。

注:

  • 新しいプロジェクト エクスペリエンスである Projects が利用できるようになりました。 Projects について詳しくは、「Projects について」を参照してください。また、classic project について詳しくは、「Projects (classic) からの移行」を参照してください。
  • 新しいクラシック プロジェクト ボードは、少なくとも 1 つのクラシック プロジェクト ボードが既に存在する Organaization、ユーザー、またはリポジトリに対してのみ作成できます。 クラシック プロジェクト ボードを作成できない場合は、代わりにプロジェクト ボードを作成してください。

classic projectをクローズすると、classic project用に構成されたすべてのワークフロー自動化は既定で一時停止されます。 詳しくは、「project (classic)の終了」を参照してください。

classic projectを再オープンすると、自動化を "同期" するオプションがあります。これにより、ボード用に構成されている自動化設定に従って、ボード上のカードの位置が更新されます。

  1. 再オープンするclassic projectに移動します。
  2. classic project の右上にある メニュー をクリックします。
  3. classic projectの自動化を同期するか、同期せずにclassic projectを再オープンするかを選びます。
    • classic projectを再オープンし、自動化を同期するには、 [プロジェクトを再オープンして同期する] をクリックします。 "プロジェクトを再びオープンして再同期する" ボタンの選択
    • classic projectを自動化の同期なしで再び開くには、再オープン ドロップダウン メニューで [再オープンのみ] をクリックします。 続いて、 [再オープンのみ] をクリックします。 クローズ済みプロジェクト ボード再オープン ドロップダウン メニュー

参考資料