👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

コミットメールアドレスを設定する

編集およびマージのようなウェブベースの Git のオペレーションと関連する GitHub 上のプライマリメールアドレスを設定できます。

ここには以下の内容があります:

コミットメールアドレスについて

GitHubは、コミットメールアドレスを使ってコミットをGitHubアカウントに関連づけます。 コマンドラインからプッシュするコミットや、WebベースのGit操作に関連づけられるメールアドレスは選択できます。

Web ベースの Git 操作については、GitHub でのコミットメールアドレスを設定できます。 コマンドラインからプッシュするコミットについては、Git のコミットメールアドレスを設定できます。

コミットメールアドレスの変更前に行ったコミットは、変更前のメールアドレスに関連づけられたままとなります。

参考:使い捨てドメインからメールアドレスを検証することはできません。 メールアドレスをプライベートにしておきたいなら、GitHub が提供するnoreplyメールアドレスを使ってください。 詳しい情報については「GitHubでのコミットメールアドレスの設定」を参照してください。

メールアドレスをプライベートにしておきたいなら、GitHubが提供する no-reply メールアドレスをコミットメールアドレスとして使うことができます。 コマンドラインからプッシュするコミットに対してnoreplyメールアドレスを使いたい場合には、そのメールアドレスを Git のコミットメールアドレスの設定で使用してください。 Web ベースの Git 操作に noreply アドレスを使いたい場合には、GitHub でコミットメールアドレスの設定を行い、[Keep my email address private] を選択してください。

また、個人のメールアドレスを公開するコマンドラインからプッシュされたコミットをブロックするよう選択することもできます。 詳細は「個人のメールを公開するコマンドラインプッシュのブロック」を参照してください。

コミットが自分に関連付けられ、コントリビューショングラフに表示されるようにするには、自分の GitHub アカウントに追加したメールアドレスか、メール設定で GitHubから提供された noreply メールアドレスを使ってください。

注釈: GitHubアカウントを2017年7月18日以降に作成した場合、GitHubが提供するno-replyメールアドレスは7桁のID番号とユーザ名をID+username@users.noreply.github.comという形式にしたものになります。 GitHubアカウントを2017年7月18日以前に作成した場合、GitHubが提供するno-replyメールアドレスは、ユーザ名をusername@users.noreply.github.comという形式にしたものになります。 IDベースのGitHubが提供するno-replyを取得するには、メール設定でKeep my email address private(メールアドレスをプライベートにする)を選択(あるいは選択解除してから選択しなおし)してください。

GitHubが提供するnoreplyメールアドレスをコミットの際に使い、その後にユーザ名を変更すると、それらのコミットはGitHubのアカウントに関連づけられなくなります。 これは、IDベースのGitHubが提供するnoreplyアドレスの場合には当てはまりません。 詳細は「GitHub ユーザ名を変更する」を参照してください。

GitHub のコミットメールアドレスを設定する

メールアドレスのプライバシーを有効化していないなら、GitHubのプルリクエストの編集、削除、ファイルの作成、マージの際に変更の作者となる検証済みのメールアドレスを選択できます。 メールアドレスのプライバシーを有効化しているなら、コミット作者のメールアドレスは変更できず、デフォルトで<username>@users.noreply.github.comになります。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 左のサイドバーでEmails(メール)をクリックしてください。
    メールタブ
  3. "Add email address(メールアドレスの追加)"でメールアドレスを入力してAdd(追加)をクリックしてください。
    Email addition button
  4. Verify your email address(メールアドレスを検証).
  5. "Primary email address(プライマリメールアドレス)"リストで、WebベースのGit操作と関連づけたいメールアドレスを選択してください。
    プライマリメールアドレスの選択
  6. WebベースのGit操作をする際にメールアドレスをプライベートに保つには、Keep my email address private(メールアドレスをプライベートに保つ)をクリックしてください。
    メールアドレスをプライベートに保つチェックボックスの画像

Git のコミットメールアドレスを設定する

git configコマンドを使用して、Git コミットに関連付けたられているメールアドレスを変更できます。 設定した新しいメールアドレスは、コマンドラインから GitHub にプッシュするこれからのコミットに表示されます。 コミットメールアドレスを変更する前のコミットは、まだ過去のメールアドレスに関連付けられます。

コンピュータにあるすべてのリポジトリ用にメールアドレスを設定する

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。
  2. Gitでメールアドレスを設定してください。 GitHubが提供するno-replyメールアドレスもしくは任意のメールアドレスが利用できます。
    $ git config --global user.email "email@example.com"
  3. Git で正しくメールアドレスが設定されたことを確認してください。
    $ git config --global user.email
    email@example.com
  4. コミットメールアドレスを設定して GitHub アカウントにメールアドレスを追加し、コミットがあなたに関連付けられ、コントリビューショングラフに表示されるようにしてください。

単一リポジトリ用にメールアドレスを設定する

GitHub は、GitHub アカウントでコマンドラインからプッシュされたコミットと関連付けるために、ローカルの Git 設定のメールアドレスを使用します。

単一のリポジトリで作成するコミットに関連するメールアドレスを変更できます。 この 1 つのリポジトリの Git コンフィグ設定を上書きしますが、他のリポジトリには影響しません。

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。
  2. 現在のワーキングディレクトリを Git コミットと関連付けたメールアドレスを設定したいローカルリポジトリに変更します。
  3. Gitでメールアドレスを設定してください。 GitHubが提供するno-replyメールアドレスもしくは任意のメールアドレスが利用できます。
    $ git config user.email "email@example.com"
  4. Git で正しくメールアドレスが設定されたことを確認してください。
    $ git config user.email
    email@example.com
  5. コミットメールアドレスを設定して GitHub アカウントにメールアドレスを追加し、コミットがあなたに関連付けられ、コントリビューショングラフに表示されるようにしてください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください