👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

個人リポジトリからコラボレーターを削除する

コラボレータをプロジェクトから削除すると、そのコラボレータはリポジトリに対する読み取り/書き込みアクセスを失います。 リポジトリがプライベートであり、その個人がフォークを作成している場合、そのフォークも削除されます。

GitHub Freeを使用している場合、パブリック及びプライベートリポジトリで無制限にコラボレータを追加できます。

ここには以下の内容があります:

プライベートリポジトリのフォークを削除する

コラボレーターが削除される一方でプライベートリポジトリのフォークが削除されると、その個人はリポジトリのローカルクローンをそのまま保持します。

リポジトリへのコントリビューションがある個人からコラボレーター権限を削除する

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。

    リポジトリの設定ボタン

  3. 左のサイドバーで Manage access(アクセスの管理)をクリックしてください。

    "アクセスの管理" タブ

  4. 削除するコラボレーターの右で、 をクリックします。

    コラボレーターを削除するボタン

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください