Skip to main content

チケットの優先度について

サポート チケットの優先度を設定することで、問題の重大度と、それが自分とチームにどのように影響しているかを伝えることができます。

GitHub Enterprise サポート へのお問い合わせ時に、チケットの優先度を Urgent、 High、Normal、または Low の 4 つから選択できます。

GitHubはチケットの優先度をいつでも単独で変更できる裁量を持っており、問題の主たる要因を判断し、緩和した後に、そのチケットの優先度を引き下げることがあります。

優先度説明
Urgent - Sev AGitHub AE にアクセスできないか、完全に障害が発生していて、その障害がビジネスの運用に直接影響しています。

サポート チケットを提出したら、電話で GitHub Support に問い合わせます。
  • すべてのユーザーについて、中核的なGitあるいはWebアプリケーションの機能に影響するエラーもしくは中断
  • ユーザーの大多数についての重大なネットワークもしくはパフォーマンスの低下
  • ストレージがフル、もしくは急速に埋まりつつある
  • 既知のセキュリティインシデントもしくはアクセス侵害
High - Sev BGitHub AEがプロダクション環境で障害を起こしており、ビジネスプロセスに限定的な影響があるか、特定の顧客にのみ影響している。
  • 多くのユーザの生産性を引き下げるパフォーマンスの低下
  • 障害あるいはサービスの劣化による冗長性の減少の懸念
  • 実働環境に影響するバグもしくはエラー
  • GitHub AEの設定のセキュリティに関する懸念
Normal - Sev CGitHub AEで限定的あるいは中程度の問題やGitHub AEでエラーが生じている。あるいは、GitHub AEの運用に関する一般的な懸念や疑問がある。
  • GitHub AE API および機能を使用するにあたってのアドバイス、またはビジネス ワークフローを統合するにあたっての質問
  • ユーザツールやデータ収集方法に関する問題
  • アップグレード
  • バグレポート、一般的なセキュリティの疑問、あるいは他の機能に関連する疑問
Low - Sev DGitHub AEは期待どおりに機能しているが、期限が重要ではない、あるいはチームの生産性を妨げたりはしないGitHub AEに関する疑問あるいは示唆がある。
  • 機能リクエストと製品のフィードバック
  • 全体的な設定あるいはGitHub AEの利用に関する一般的な質問
  • 計画された変更のGitHub Supportへの通知

参考資料