ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

スケジュールされたリマインダーの管理

自分または自分の Team に対してレビュー待ちのプルリクエストがあるとき、Slack でリマインダーを受け取ります。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

ユーザのスケジュールされたリマインダーについて

スケジュールされたリマインダーは、注意を払う必要がある重要なレビューリクエストにユーザが集中できるようにする目的で使用します。 プルリクエストのスケジュールされたリマインダーは、指定した時間にレビューが必要なオープンのプルリクエストとともに、Slack でメッセージを送信します。 たとえば、あなた、またはあなたの Team によるレビューが必要なプルリクエストとともに、毎日午前10時に Slack でメッセージを送信するように、リマインダーをスケジュール設定できます。

特定のイベントに対しては、スケジュールされたリマインダーにリアルタイムのアラートを有効にすることもできます。 リアルタイムアラートは、自分がレビューを割り当てられたなど、重要なイベントが発生したときすぐに Slack チャネルで送信されます。

メンバーになっている Organization のプルリクエストについて、個人または Team レベルのレビューリクエストのスケジュールされたリマインダーを設定できます。 自分自身のスケジュールされたリマインダーを作成するには、Organization のオーナーが Slack ワークスペースを承認する必要があります。 詳しい情報については、「Organization にスケジュールされたリマインダーを管理する」を参照してください。

ユーザアカウントのスケジュールされたリマインダーを作成する

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 左のサイドバーでScheduled reminders(スケジュールされたリマインダー)をクリックしてください。
    [Scheduled reminders] ボタン
  3. リマインダーをスケジュールしたい Organization の隣で [Edit] をクリックします。
    [Scheduled reminders edit] ボタン
  4. "Scheduled reminders(スケジュールされたリマインダー)"の下で、Add your first reminder(1つ目のリマインダーを追加)をクリックしてください。
    リマインダーの追加ボタン
  5. "Slack workspace(Slackワークスペース)"の下で、Authorize Slack workspace(Slackワークスペースを承認)をクリックして、指示に従ってください。
    Slackワークスペースの承認ボタン
  6. "Days(日)"の下で、Weekdays(平日)をクリックして、スケジュールされたリマインダーを受信したい1つ以上の曜日を選択してください。
    日のドロップダウン
  7. "Select Time(s)(時間の選択)"の下で、9:00 AM をクリックし、スケジュールされたリマインダーを受信したい1つ以上の時間を選択してください。 あるいは、タイムゾーンを変更するには現在のタイムゾーンの隣のをクリックし、別のタイムゾーンを選択してください。
    時間の選択ドロップダウン
  8. オプションで、自分が割り当てられているレビュー担当者のスケジュールされたリマインダーを受け取るには、[Review requests assigned to you] を選択します。
    [Review requests assigned to you] チェックボックス
  9. オプションで、自分がメンバー担っている Team に割り当てられているレビュー担当者のスケジュールされたリマインダーを受け取るには、[Review requests assigned to your team] を選択します。
    [Review requests assigned to your team] チェックボックス
  10. あるいは、特定のイベントが生じたらすぐにSlackのメッセージを受けられるようにするには、Enable real-time alerts(リアルタイムアラートの有効化)を選択し、リアルタイムアラートを受信したいイベントを選択してください。
    [Enable real-time alerts] チェックボックス
  11. Create reminder(リマインダーの作成)をクリックしてください。

ユーザアカウントのスケジュールされたリマインダーを管理する

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 左のサイドバーでScheduled reminders(スケジュールされたリマインダー)をクリックしてください。
    [Scheduled reminders] ボタン
  3. スケジュールされたリマインダーを編集したい Organization の隣で [Edit] をクリックします。
    [Scheduled reminders edit] ボタン
  4. スケジュールされたリマインダーに1つ以上の変更を行ってください。
  5. 変更を保存するにはUpdate reminder(リマインダーを更新)をクリックしてください。 あるいは変更の更新に際して変更をテストしたいなら、Update and test reminder(リマインダーを更新してテスト)をクリックしてください。
    更新ボタン

ユーザアカウントのスケジュールされたリマインダーを削除する

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 左のサイドバーでScheduled reminders(スケジュールされたリマインダー)をクリックしてください。
    [Scheduled reminders] ボタン
  3. リマインダーを削除したい Organization の隣で [Edit] をクリックします。
    [Scheduled reminders edit] ボタン
  4. ページの下部でDelete this reminder(このリマインダーを削除)をクリックしてください。
    スケジュールされたリマインダーの削除ボタン
  5. スケジュールされたリマインダーの削除を確認するために、OKをクリックしてください。

参考リンク

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.