ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.19

Organization のフォークポリシーを管理する

Organization が所有するプライベートリポジトリのフォークを許可または禁止できます。

Organization のオーナーは、Organization のフォークポリシーを管理できます。

デフォルトでは、新しい Organization はプライベートリポジトリのフォークを禁止するように設定されます。

Organization レベルでプライベートリポジトリのフォークを許可する場合は、特定のプライベートリポジトリをフォークする機能も設定することができます。 詳細は「リポジトリのフォークポリシーを管理する」を参照してください。

  1. GitHub Enterpriseの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    Profile photo
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. 左のサイドバーで、Member privileges(メンバーの権限)をクリックしてください。
    Org設定のメンバーの権限オプション
  5. [Repository forking] で、[Allow forking of private repositories] または [Allow forking of private and internal repositories] を選択します。
    Organization でフォークを許可または禁止するチェックボックス
  6. Saveをクリックします。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください