ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-11-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Error: Repository not found

リポジトリのクローン時にこのエラーが表示された場合は、リポジトリが存在しないか、リポジトリへのアクセス権がないか、 GitHub Enterprise のインスタンスがプライベートモードであることを意味します。 このエラーには、原因別にいくつかの解決策があります。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

スペルを確認する

入力ミスは起こるものです。また、リポジトリ名は大文字と小文字を区別します。 git@<em>hostname</em>:user/repo.git をクローンしようとしたが、リポジトリの実際の名前は User/Repo である場合、このエラーが表示されます。

このエラーを回避するには、クローン時は常にリポジトリのページからクローン URL をコピーして貼り付けるようにします。 詳しい情報についてはリポジトリのクローンを参照してください。

既存のリポジトリのリモートを更新するには、「リモートの URL を変更する」を参照してください。

権限をチェックする

プライベートリポジトリをクローンしようとしているが、リポジトリの表示権限がない場合、このエラーが表示されます。

以下のいずれかによってリポジトリへのアクセス権があることを確認してください:

SSH アクセスをチェックする

ごくまれに、リポジトリへの正しい SSH アクセス権がない場合があります。

使用している SSH キーが GitHub Enterprise ユーザアカウントに添付されていることを確認する必要があります。 以下をコマンドラインに入力してこれをチェックできます:

$ ssh -T git@hostname
> Hi username! You've successfully authenticated, but GitHub does not
> provide shell access.

リポジトリが Organization に属し、OAuth App によって生成された SSH キーを使用している場合、OAuth App へのアクセスは Organization のオーナーによって制限されている可能性があります。 詳しい情報については、「OAuth App のアクセス制限について」を参照してください。

詳細は「GitHub アカウントに新しい GPG キーを追加する」を参照してください。

インスタンスがプライベートモードであるかを確認する

サイト管理者が GitHub Enterprise インスタンスでプライベートモードを有効にしている場合は、git:// を介した匿名のクローンは無効化されます。 リポジトリをクローンできない場合は、サイト管理者にお問い合わせください。

リポジトリが実際に存在することを確認する

すべて失敗した場合は、リポジトリが your GitHub Enterprise Server instance に実際に存在していることを確認してください。 存在しないリポジトリにプッシュを試みると、このエラーが表示されます。

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.