ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-11-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Organization で 2 要素認証を要求する

Organization owners can require organization members and outside collaborators to enable two-factor authentication for their personal accounts, making it harder for malicious actors to access an organization's repositories and settings.

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

About two-factor authentication for organizations

Two-factor authentication (2FA) is an extra layer of security used when logging into websites or apps. You can require all members and outside collaborators in your organization to enable two-factor authentication on GitHub Enterprise. For more information about two-factor authentication, see "Securing your account with two-factor authentication (2FA)."

警告:

  • When you require use of two-factor authentication for your organization, members and outside collaborators (including bot accounts) who do not use 2FA will be removed from the organization and lose access to its repositories. Organization のプライベートリポジトリのフォークへのアクセスも失います。 Organization から削除されてから 3 か月以内に、個人アカウントに対して 2 要素認証を有効にすれば、それらのアカウントが持っていたアクセス特権と設定を復元できます。
  • If an organization owner, member, or outside collaborator disables 2FA for their personal account after you've enabled required two-factor authentication, they will automatically be removed from the organization.
  • あなたが、2 要素認証を義務付けている Organization の唯一のオーナーである場合、その Organization での 2 要素認証義務を無効にしなければ、あなたの個人アカウントの 2 要素認証を無効にすることはできません。

2FAをサポートする認証方式

認証方式説明2要素認証のサポート
ビルトイン認証はGitHub Enterprise Serverアプライアンスに保存されているユーザアカウントに対して行われます。GitHub Enterprise Serverアプライアンスでサポートされ、管理されます。 Organizationの管理者は、Organizationのメンバーに対して2FAの有効化を要求できます。
アイデンティティプロバイダ付きのビルトイン認証認証は、アイデンティティプロバイダに保存されたユーザアカウントに対して行われます。アイデンティティプロバイダに依存します。
LDAP会社のディレクトリサービスとの認証のインテグレーションができます。GitHub Enterprise Serverアプライアンスでサポートされ、管理されます。 Organizationの管理者は、Organizationのメンバーに対して2FAの有効化を要求できます。
SAML認証は外部のアイデンティティプロバイダに対して行われます。GitHub Enterprise Server上ではサポートあるいは管理されませんが、外部の認証プロバイダではサポートされることがあります。 Organizationでの2要素認証の強制はできません。
CAS外部のサーバーによってシングルサインオンサービスが提供されます。GitHub Enterprise Server上ではサポートあるいは管理されませんが、外部の認証プロバイダではサポートされることがあります。 Organizationでの2要素認証の強制はできません。

必要な環境

Before you can require organization members and outside collaborators to use two-factor authentication, you must enable two-factor authentication for your account on GitHub Enterprise. 詳細は「2 要素認証 (2FA) でアカウントを保護する」を参照してください。

Before you require use of two-factor authentication, we recommend notifying organization members and outside collaborators and asking them to set up 2FA for their accounts. You can see if members and outside collaborators already use 2FA. 詳細は「Organization 内のユーザが 2 要素認証を有効にしているか確認する」を参照してください。

Organization で 2 要素認証を要求する

  1. GitHub Enterpriseの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。

    Profile photo

  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。

    organizationのアイコン

  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。

    Organizationの設定ボタン

  4. 左のサイドバーでSecurity(セキュリティ)をクリックしてください。

    Organization security settings

  5. "Authentication(認証)"の下で、Require two-factor authentication for everyone in your organization(Organization内の全員に2要素認証を必須とする)を選択し、Save(保存)をクリックしてください。

    2FA必須のチェックボックス

  6. 求められた場合には、Organization から削除するメンバーおよび外部コラボレーターに関する情報を読んでください。 変更を確認するためにOrganization名を入力し、Remove members & require two-factor authentication(メンバーを削除 & 2要素認証が必要)をクリックしてください。

    2 要素の施行の確定ボックス

Organization から削除された人々を表示する

2 要素認証義務に従っていないために Organization から自動的に削除された人々を表示するには、Organization から削除された人々を対象に、Organization の Audit log を検索することができます。 Audit log イベントでは、削除された理由が 2 要素認証義務に従わなかったことなのかどうかが示されます。

2 要素認証の違反により削除されたユーザーを示す Audit log イベント

  1. GitHub Enterpriseの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。

    Profile photo

  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。

    organizationのアイコン

  3. 設定のサイドバーで、Audit logをクリックしてください。

    サイドバー内のOrg Audit log設定

  4. 検索クエリを入力します。 以下のように検索します:

    • 削除された Organization のメンバーを検索するには、検索クエリで action:org.remove_member を使用します
    • Outside collaborators removed, use action:org.remove_outside_collaborator in your search query

    また、検索で時間枠を使用すれば、Organization から削除された人々を表示できます。

削除されたメンバーと外部コラボレーターを Organization に復帰できるようにする

2要素認証の利用の要求を有効化したときにOrganizationから削除されたメンバーあるいは外部のコラボレータがいれば、その人たちには削除されたことを知らせるメールが届きます。 そうなった場合には、彼らは個人アカウントで2FAを有効化し、OrganizationのオーナーにOrganizationへのアクセスを求めなければなりません。

参考リンク

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.