ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-11-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

3Dファイルビューア

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

GitHub Enterpriseは、.stl 拡張子の 3D ファイルをホストしてレンダリングできます。

STLファイルを直接GitHub Enterpriseで見る場合、以下のことができます。

  • クリックしてドラッグすることでモデルを回転させる。
  • 右クリックしてからドラッグすることでビューを変換する。
  • スクロールしてズームイン及びズームアウトする。
  • 様々なビューモードをクリックしてビューを変更する。

Diff

STLファイルを含むコミットあるいは一連の変更を見る場合、そのファイルのdiffの前後を見ることができます。

デフォルトでは、変更されなかった物はすべてワイヤーフレームで表示されます。 追加分は緑になり、削除された部分は赤になります。

ワイヤーフレーム

Revision Slider(リビジョンスライダー)オプションを選択し、ファイル上のスライダーを使って現在と以前のリビジョン間を行き来することもできます。

低速なパフォーマンスの修正

このアイコンがビューアの隅に表示されている場合、そのブラウザではWebGLテクノロジが利用できません。

WebGLのポップエラー

使用しているコンピューターのハードウェアを完全に活用するためには、WebGLが必要です。 WebGLが有効化されている ChromeあるいはFirefoxなどのブラウザの利用をおすすめします。

エラー:"Unable to display"(表示不能)

モデルが不正なら、GitHub はそのファイルを表示できないことがあります。 加えて、10 MB 以上のファイルは大きすぎて GitHub は表示できません。

他の場所へのモデルの埋め込み

インターネット上の別の場所に3Dファイルを表示するには、このテンプレートを変更し、JavaScriptをサポートするHTMLページに配置します。

<script src="https://embed.github.com/view/3d/<username>/<repo>/<ref>/<path_to_file>"></script>

たとえばモデルのURLがgithub.com/skalnik/secret-bear-clip/blob/master/stl/clip.stlなら、埋め込むコードは以下のようになるでしょう。

<script src="https://embed.github.com/view/3d/skalnik/secret-bear-clip/master/stl/clip.stl"></script>

デフォルトでは、埋め込まれるレンダラは幅420ピクセル高さ620ピクセルになりますが、 ?height=300&width=500というように高さと幅の変数をパラメータとしてURLの終わりに渡せば、この出力はカスタマイズできます。

Note: ref can be a branch or the hash to an individual commit (like 2391ae).

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.