👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.19

Issue の作成

Issue は、バグ、拡張、その他リクエストの追跡に使用できます。

GitHub Enterpriseのユーザは誰でもIssueが無効化されていないパブリックリポジトリにIssueを作成できます。

既存のプルリクエストのコードに基づく新しい Issue を開くことができます。 詳しい情報については「コードから Issue を開く」を参照してください。

Issue または Pull Requestレビューのコメントから新しい Issue を直接開くことができます。 詳しい情報については「コメントからIssueを開く」を参照してください。

プロジェクトボードを使用して作業の追跡や優先順位付けをしている場合、プロジェクトボードの注釈を Issue に変換できます。 詳しい情報については、 「プロジェクトボードについて」と「プロジェクト ボードへのメモの追加」を参照してください。

参考: プロジェクト メンテナーは次を選択できます:

  • リポジトリ用に Issue テンプレートを作成する。 テンプレートには Issue 本文に情報を入力するよう求めるプロンプトが含まれています。 詳しい情報については「Issue およびプルリクエストのテンプレートについて」を参照してください。
  • リポジトリの Issue を無効化します。 詳細は「Issue を無効化する」を参照してください。プルリクエストは無効化できず、常に使用可能です。
  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Issuesをクリックしてください。

    Issueタブ

  3. [New Issue] をクリックします。

    [New Issue] ボタン

  4. 複数の Issue タイプがある場合は、開く対象の Issue タイプの隣にある [Get started] をクリックします。

    作成したい Issue のタイプを選択

  5. オプションで、開きたい Issue のタイプが使用可能なオプションに含まれていない場合は、[Open a regular issue] をクリックします。

    [Open a regular issue] のリンク

  6. Issueのタイトルと説明を入力します。

    サンプルのIssue

    1. プロジェクトのメンテナーは、Issueを誰かに割り当てたり、Issueをプロジェクトボードに追加したり、Issueをマイルストーンに関連づけたり、[ラベルを適用]](/articles/applying-labels-to-issues-and-pull-requests)したりできます。
  7. 完了したら、Submit new issue(新しいIssueをサブミット)をクリックしてください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください