ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.19

リポジトリの可視性について

リポジトリの可視性を選択することで、リポジトリにアクセスできるユーザを制限できますパブリックまたはプライベートなど)。

リポジトリの可視性について

リポジトリを作成するときに、リポジトリをパブリックにするかプライベートにするかを選択できます。

GitHub Enterprise Server インスタンス がプライベートモードでない場合、またはファイアウォールの内側にある場合、インターネット上のすべてのユーザがパブリックリポジトリにアクセスできます。それ以外の場合、パブリックリポジトリは、外部のコラボレータを含め、GitHub Enterprise Server インスタンス を使用するすべてのユーザが利用できます。プライベートリポジトリには、自分、自分が明示的にアクセスを共有している人、そして Organization リポジトリの場合、特定の Organization メンバーのみがアクセスできます。

Organization のオーナーは、Organization 内で作成されたすべてのリポジトリにいつでもアクセスできます。 詳細は「Organization のリポジトリ権限レベル」を参照してください。

リポジトリの管理者権限を持つユーザは、既存のリポジトリの可視性を変更できます。 詳細は「リポジトリの可視性を設定する」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください