👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.19

GitHub アクセス認証情報を更新する

GitHub Enterprise 認証情報は、パスワードだけではなく、GitHub Enterprise に伝達するのに使うアクセストークン、SSH キーおよびアプリケーション API トークンを含みます。 必要があれば、すべてのアクセス認証情報をリセットできます。

ここには以下の内容があります:

新しいパスワードをリクエストする

  1. 新しいパスワードをリクエストするには、https://[hostname]/password_reset にアクセスしてください。
  2. 個人 GitHub Enterprise アカウントに関連するメールアドレスを入力し、次に [Send password reset email] をクリックします。バックアップメールアドレスが設定されている場合、そのアドレスにメールが送られます。
    パスワードリセットのメールリクエストダイアログ
  3. パスワードをリセットするためのリンクがメールで届きます。 メールを受信してから 3 時間以内に、このリンクをクリックする必要があります。 弊社からメールが届かない場合、スパムフォルダを確認してください。
  4. メールのリンクをクリックすると、新しいパスワードを入力するように求められます。
    パスワードリカバリボックス

今後パスワードをなくさないように、LastPass1PasswordKeeper などの安全なパスワードマネージャーの使用をおすすめします。

既存のパスワードを変更する

  1. GitHub Enterprise への サインイン (https://[hostname]/login)
  2. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  3. ユーザ設定サイドバーでSecurity(セキュリティ)をクリックしてください。
    セキュリティ設定サイドバー
  4. [Change password] の下で、古いパスワード、新しい強靭なパスワードを入力し、新しいパスワードを確認します。 強靭なパスワードを作成するための参考として、「強靭なパスワードを作成する」を参照してください。
  5. [Update password] をクリックします。

セキュリティを強化するために、パスワードの変更に加えて 2 要素認証を有効にしてください。 詳細は「2 要素認証について」を参照してください。

アクセストークンを更新する

アクセストークンのレビューと削除の方法については、「許可されたインテグレーションをレビューする」を参照してください。 To generate new access tokens, see "Creating a personal access token."

SSH キーを更新する

SSH キーのレビューおよび削除については「SSH キーをレビューする」を参照してください。 新しい SSH キーの生成および追加については、「SSH キーを生成する」を参照してください。

API トークンをリセットする

GitHub Enterprise に登録したアプリケーションがある場合、OAuthトークンのリセットを考えることになります。 この方法については、GitHub 開発者ドキュメンテーション を参照してください。

許可されていないアクセスを防止する

アカウントを保護し権限のないアクセスを防止するためのさらなるヒントについては、「許可されていないアクセスを防止する」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください