👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.19

保護されたブランチを設定する

リポジトリのオーナーか、リポジトリの管理者権限がある場合、リポジトリのブランチ保護をカスタマイズし、2 つ以上のプルリクエストレビューを要求したり、プルリクエストのマージを許可する前に特定のステータスチェックを必須としたりするなど、特定のワークフローを強制できます。

保護されたブランチは、GitHub Free 及びGitHub FreeのOrganizationではパブリックリポジトリでのみ使用でき、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server ではパブリックおよびプライベートリポジトリで使用できます。

探していたものは見つけられましたか?

リポジトリ中のブランチルールは、特定のブランチ、すべてのブランチ、fnmatch構文で指定された名前のパターンにマッチするブランチに対して作成できます。 たとえばreleaseという語を含むブランチに対し、マージ前に最低でも2つのプルリクエストレビューを必須とするなら、*release*に対してブランチルールを作成できます。

ワイルドカード構文 * で、リポジトリのすべてのブランチに対して自動ブランチ保護を設定することも可能です。 GitHubは、File.fnmatch 構文に File::FNM_PATHNAME フラグを使用するので、ワイルドカードはディレクトリの区切り文字 (/) には一致しません。 たとえば、qa/* は、qa/ で始まり、1 つのスラッシュが含まれるすべてのブランチにマッチします。 qa/**/* とすると、複数のスラッシュにマッチします。また、より多くのブランチにマッチさせるため、qa の文字列を qa**/**/* とすることもできます。 ブランチのルールに関する構文オプションの詳しい情報については、 fnmatch ドキュメンテーションを参照してください。

既存のブランチのルールに例外を作成するため、特定のブランチ名に対するルールなど、優先度の高いブランチ保護ルールを新しく作成できます。 優先順位などの、保護されたブランチのルール設定に関する詳しい情報については、「保護されたブランチについて」を参照してください。

メモ: 指定したブランチがリポジトリにまだ存在していない場合でも、ブランチのルールは作成できます。

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のメニューでBranches(ブランチ)をクリックしてください。
    リポジトリオプションのサブメニュー
  4. "Branch protection rules(ブランチ保護のルール)"の隣のAdd rule.(ルールの追加)をクリックしてください。
    ブランチ保護のルールの追加ボタン
  5. "Branch name pattern(ブランチ名のパターン)"の下で、保護したいブランチの名前もしくはパターンを入力してください。
    ブランチルールのフィールド
  6. また、ブランチの特定のルールを設定することも可能です。
    保護されたブランチのルール設定
  7. ブランチの保護ルールを確定するには、[Create] または [Save changes] をクリックします。

参考リンク

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください