ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-11-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

GitHub Enterprise Server でロードバランサを使用する

ロードバランサを、単一の GitHub Enterprise Server アプライアンス、あるいは High Availability 構成のアプライアンスのペアの前で使ってください。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

ロードバランサの設計では、ネットワークデバイスを使ってGit及びHTTPのトラフィックを個々のGitHub Enterprise Serverアプライアンスに向かわせます。 ロードバランサを使って、セキュリティのためにアプライアンスへの直接のトラフィックを制限したり、必要に応じてDNSのレコードを変更することなくトラフィックをリダイレクトしたりできます。 PROXYプロトコルをサポートするTCPベースのロードバランサを使うことを強くおすすめします。

GitHub Enterprise Serverのホスト名に対するDNSルックアップは、ロードバランサに解決されなければなりません。 Subdomain Isolationを有効化することをおすすめします。 Subdomain Isolationが有効化されている場合、追加のワイルドカードレコード(*.HOSTNAME)もロードバランサに解決されなければなりません。 詳しい情報については"Subdomain Isolationの有効化"を参照してください。

クライアントの接続情報の処理

GitHub Enterprise Server へのクライアント接続はロードバランサから来ることになるため、クライアントの IP アドレスは失われることがあります。

使用しているロードバランサがサポートできるなら、PROXYプロトコルの利用を強くおすすめします。 PROXYサポートが利用できない場合でも、X-Forwarded-Forヘッダを使ってHTTP及びHTTPSポートをロードバランスできます。

セキュリティの警告: PROXY サポートあるいは HTTP フォワーディングが有効化されている場合、外部のトラフィックが直接 GitHub Enterprise Server アプライアンスに到達できないことが重要です。 外部トラフィックが適切にブロックされていない場合、ソース IP アドレスが偽造されるかもしれません。

GitHub Enterprise Server インスタンスでのPROXYプロトコルサポートの有効化

アプライアンスとロードバランサの両方でPROXYプロトコルサポートを有効化することを強くおすすめします。 ロードバランサでPROXYプロトコルを有効化する方法については、ベンダーが提供する指示に従ってください。 詳しい情報についてはPROXY プロトコルのドキュメンテーションを参照してください。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。
    左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. 左のサイドバーでPrivacy(プライバシー)をクリックしてください。
    設定サイドバーのプライバシータブ
  4. External load balancers(外部ロードバランサ)の下でEnable support for PROXY protocol(PROXYプロトコルサポートの有効化)を選択してください。
    PROXY プロトコルを有効化するチェックボックス
  5. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。
    Management Console での [Save settings] ボタン
  6. 設定が完了するのを待ってください。
PROXYプロトコルのTCPポートマッピング
送信元ポート宛先ポートサービスの説明
2223Git over SSH
8081HTTP
443444HTTPS
80808081Management Console HTTP
84438444Management Console HTTPS
94189419Git

GitHub Enterprise Server インスタンスでのX-Forwarded-Forサポートの有効化

PROXYプロトコルが利用できないときにかぎりX-Forwarded-Forプロトコルを利用してください。 X-Forwarded-Forは、HTTP及びHTTPSでのみ動作します。 SSH経由のGit接続で示されるIPアドレスは、ロードバランサのIPを示します。

警告: HTTPS 接続をロードバランサでターミネートしている場合、ロードバランサからの GitHub Enterprise Server へのリクエストも HTTPS を使わなければなりません。 接続の HTTP へのダウングレードはサポートされません。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。
    左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. 左のサイドバーでPrivacy(プライバシー)をクリックしてください。
    設定サイドバーのプライバシータブ
  4. External load balancers(外部ロードバランサ)の下でAllow HTTP X-Forwarded-For header(HTTP X-Forwarded-Forヘッダの許可)を選択してください。
    HTTP X-Forwarded-For ヘッダを許可するチェックボックス
  5. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。
    Management Console での [Save settings] ボタン
  6. 設定が完了するのを待ってください。
PROXYサポートなしで使うプロトコルのTCPポートマッピング
送信元ポート宛先ポートサービスの説明
2222Git over SSH
2525SMTP
8080HTTP
443443HTTPS
80808080Management Console HTTP
84438443Management Console HTTPS

健全性チェックの設定

ロードバランサは健全性チェックによって、事前に設定されたチェックが失敗するようになったノードがあれば、反応しなくなったノードへのトラフィックの送信を止めます。 メンテナンスもしくは予想外の障害のためにアプライアンスがオフラインになっているなら、ロードバランサはステータスページを表示できます。 High Availability(HA)設定では、ロードバランサはフェイルオーバーの戦略の一部として利用できます。 ただし、HAペアの自動フェイルオーバーはサポートされていません。 レプリカインスタンスは、手動で昇格させるとリクエストに応えられるようになります。 詳細は「High Availability 用に GitHub Enterprise Server を設定する」を参照してください。

以下のURLのいずれかをチェックするようにロードバランサを設定してください。

  • https://HOSTNAME/status HTTPSが有効な場合(デフォルト)
  • http://HOSTNAME/status HTTPSが無効な場合

ノードが健全でエンドユーザーからのリクエストに応えられる場合、このチェックにはステータスコード200(OK)が返されます。

ノート: アプライアンスがメンテナンスモードの場合、https://HOSTNAME/statusのURLはステータスコード503(Service Unavailable)を返します。 詳しい情報については"メンテナンスモードの有効化とスケジューリング"を参照してください。

Did this doc help you?