ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-11-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

認証方式の変更

GitHub Enterprise Server が既存のアカウントを認証する方法は、いつでも変更できます。

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

GitHub Enterprise Server インスタンスのユーザアカウントは、認証方式を変更しても保存され、ユーザはユーザ名が変更されない限り、同じアカウントにログインし続けることができます。

新しい認証方式でユーザ名が変更される場合、新しいアカウントが作成されます。 管理者は、サイト管理者設定またはユーザ管理 API を使用してユーザ名を変更できます。

他に考慮しなければならない問題には以下があります。

  • パスワード:インスタンスでビルトイン認証を使うように切り替えた場合、変更の完了後にユーザはパスワードを設定しなければなりません。

  • サイト管理者: 管理者権限は、SAML を使う場合はアイデンティティプロバイダによって制御されLDAP を使う場合はグループのメンバーシップによって制御されます

  • Team メンバーシップ: LDAP のみが、ディレクトリサーバからのTeam メンバーシップの制御が可能です。

  • ユーザの一時停止: 認証に LDAP を使う場合、GitHub Enterprise Server へのアクセスは制限グループ経由で制御できます。 LDAPに切り替えた後、制限グループが設定されているなら、既存のユーザでこれらのグループのいずれかに属してないユーザは一時停止されます。 一時停止は、ユーザがログインするか、次のLDAP Syncの間に生じます。

  • グループのメンバーシップ:認証にLDAPを使う場合、ユーザは自動的に制限グループのメンバーシップとActive Directoryのアカウントのステータスに基づいてサスペンドあるいはサスペンド解除されます。

  • Git認証:SAML及びCASは、個人アクセストークンを使ったHTTPあるいはHTTPS経由でのGIt認証のみをサポートしています。 HTTPあるいはHTTPS経由でのパスワード認証はサポートされていません。 LDAPは、パスワードベースのGit認証をデフォルトでサポートしていますが、その方法は無効化して個人アクセストークンあるいはSSHキーでの認証を強制することをおすすめします。

  • API認証:SAML及びCASは、個人アクセストークンを使ったAPI認証のみをサポートしています。 Basic認証はサポートされていません。

  • 2 要素認証: SAMLあるいはCASを利用する場合、GitHub Enterprise Server上では2要素認証はサポートあるいは管理されませんが、外部の認証プロバイダではサポートされることがあります。 Organizationでの2要素認証の強制はできません。 Organizationにおける2要素認証の強制に関する詳しい情報については「Organizationにおける2要素認証の要求」を参照してください。

  • 使用しているアイデンティティプロバイダ外のユーザのためのビルトイン認証:使用中のアイデンティティプロバイダに追加することなく、ユーザをGitHub Enterprise Server インスタンスで認証するよう招待できます。 詳細は「使用中のアイデンティティプロバイダ外のユーザのためにビルトイン認証を許可する」を参照してください。

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.