ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-11-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

GitHub Enterprise ServerとGitHub Enterprise Cloudの間で自動ユーザライセンス同期を有効化する

GitHub Enterprise Server インスタンスをGitHub Enterprise Cloudに接続すると、GitHub Enterprise Serverでユーザライセンス情報をGitHub.com上のEnterpriseアカウントにアップロードすることができます。

接続されているGitHub Enterprise CloudのOrganizationあるいはEnterpriseアカウントの所有者でもあるGitHub Enterprise Serverのサイト管理者は、ユーザライセンスの自動同期を有効化できます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

ライセンスの同期について

ライセンスの同期を有効にすると、GitHub Enterprise Server および GitHub Enterprise Cloud 全体で、Enterprise アカウント全体のライセンス使用状況を表示できるようになります。 GitHub Connect は、GitHub Enterprise Server と GitHub Enterprise Cloud 間で毎週ライセンスを同期します。 詳しい情報については、「GitHub Enterprise ライセンスを管理する」を参照してください。

GitHub Enterprise Serverユーザライセンス情報を手動でGitHub Enterprise Cloudにアップロードすることもできます。 詳細は、「GitHub Enterprise ServerをGitHub Enterprise Cloudに接続する」を参照してください。

ライセンス同期の有効化

GitHub Enterprise Server インスタンスでライセンス同期を有効化する前に、GitHub Enterprise Server インスタンスをGitHub.comに接続する必要があります。 詳細は、「GitHub Enterprise ServerをGitHub Enterprise Cloudに接続する」を参照してください。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. In the left sidebar, click Enterprise.
    Enterprise tab in the Site admin settings
  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ
  4. 左のサイドバーでGitHub Connectをクリックしてください。
    ビジネスアカウントの設定サイドバー内のGitHub Connectタブ
  5. [Server can sync user license count and usage] で、ドロップダウンメニューを使って [Enabled] を選択します。
    自動ユーザライセンス同期を有効化するドロップダウンメニュー

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.