ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-11-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

グローバルwebhookの管理

サイト管理者は、インスタンスレベルのイベントを追跡するためのグローバルwebhookの表示、追加、編集、削除が行えます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

グローバルwebhookについて

グローバルwebhookは、インスタンス上のユーザおよびOrganizationの管理に対するルールの自動的なモニタリング、対応、強制に利用できます。 たとえば以下のような場合に動作するようにwebhookを設定できます:

  • ユーザアカウントが作成または削除される
  • An organization is created or deleted
  • コラボレータがリポジトリに追加、またはリポジトリから削除される
  • A repository is forked

グローバル webhook のリスト

GitHub Enterprise Server APIを使ってグローバルなwebhookを管理することもできます。 For a complete list of actions, see "Global webhooks."

グローバルwebhookの追加

  1. 任意のページの右上で をクリックします。

    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン

  2. In the left sidebar, click Enterprise.

    Enterprise tab in the Site admin settings

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  4. " Setteings(設定)"の下で、Hooks(フック)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のフックタブ

  5. Add webhook(webhookの追加)をクリックしてください。

    Admin center の webhook ページ上の webhook 追加ボタン

  6. ペイロードの受信に使用する URL を入力します。

    ペイロード URL を入力するフィールド

  7. Content type(コンテントタイプ)ドロップダウンメニューを使ってペイロードの形式をクリックすることもできます。

    コンテンツタイプのオプションが並ぶドロップダウンメニュー

  8. Secret(秘密)フィールドに、secretキーとして使う文字列を入力することもできます。

    シークレットキーとして使う文字列を入力するフィールド

  9. ペイロードのデリバリ時に GitHub Enterprise Server に SSL 証明書を検証してほしくない場合、Disable SSL verification] をクリックします。 SSLの検証に関する情報を読んで、 I understand my webhooks may not be secure(webhookがセキュアではないかもしれないことを理解しました)をクリックしてください。

    SSLの検証を無効化するボタン

    警告: SSL 検証は、フックのペイロードがセキュアにデリバリされることを保証するのに役立ちます。 SSL 検証を無効化することはおすすめしません。

  10. webhook をすべてのイベントあるいは選択されたイベントに対して動作させるかを決めます。

    ペイロードをすべてのイベントあるいは選択されたイベントで受け取る選択肢のラジオボタン

    • すべてのイベントの場合は [Send me everything] を選択します。
    • 特定のイベントを選択するには [Let me select individual events] を選択します。
  11. 個々のイベントを選択することにした場合、この webhook が Organization のアクティビティで呼ばれるのか、ユーザのアクティビティで呼ばれるのかを選択します。

    Organization とユーザイベントのチェックボックス

  12. Active(アクティブ)チェックボックスが選択されていることを確認してください(デフォルトで選択されています)。

    選択されたアクティブチェックボックス

  13. Add webhook(webhookの追加)をクリックしてください。

グローバルwebhookの編集

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. In the left sidebar, click Enterprise.
    Enterprise tab in the Site admin settings
  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ
  4. " Setteings(設定)"の下で、Hooks(フック)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のフックタブ
  5. 編集したいwebhookの隣のEdit(編集)をクリックしてください。
    webhook の隣の編集ボタン
  6. webhookの設定の更新。
  7. Update webhook(webhookの更新)をクリックしてください。

グローバルwebhookの削除

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. In the left sidebar, click Enterprise.
    Enterprise tab in the Site admin settings
  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ
  4. " Setteings(設定)"の下で、Hooks(フック)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のフックタブ
  5. 削除したいwebhookの隣のDelete(削除)をクリックしてください。
    webhook の隣の削除ボタン
  6. webhookの削除に関する情報を読んで、Yes, delete webhook(はい、webhookを削除します)をクリックしてください。
    警告情報のポップアップボックスとwebhookの削除ボタン

最近のデリバリとレスポンスの表示

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. In the left sidebar, click Enterprise.
    Enterprise tab in the Site admin settings
  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ
  4. " Setteings(設定)"の下で、Hooks(フック)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のフックタブ
  5. webhook のリストで、デリバリを見たい webhook をクリックします。
    各 webhook の表示リンクを持つ webhook のリスト
  6. [Recent deliveries(最近のデリバリ)] の下で、詳細を表示したいデリバリをクリックしてください。
    詳細表示へのリンクを持つ最近のwebhookのデリバリリスト

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.