ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-11-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

レート制限の設定

Management Console を使用することで、GitHub Enterprise Server のレート制限を設定できます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

GitHub Enterprise Server APIのレート制限の有効化

GitHub Enterprise Server APIのレート制限を有効化すれば、個人あるいは認証されていないユーザによるリソースの過剰な利用を回避できます。 詳しい情報については、「REST API のリソース」を参照してください。

ノート: Management Consoleは、各レート制限の時間間隔(毎分もしくは毎時)をリストします。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。
    左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. "Rate Limiting(レート制限)"の下でEnable API Rate Limiting(APIレート制限の有効化)を選択してください。
    API レート制限を有効にするためのチェックボックス
  4. 各APIについて認証済み及び非認証リクエストの制限を入力するか、事前に入力されているデフォルトの制限を承認してください。
  5. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。
    Management Console での [Save settings] ボタン
  6. 設定が完了するのを待ってください。

不正利用レート制限の有効化

不正利用レート制限を設定すれば、GitHub Enterprise Server インスタンス上のサービスの全体のレベルを保護できます。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。
    左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. "Rate Limiting(レート制限)"の下でEnable Abuse Rate Limiting(不正利用レート制限の有効化)を選択してください。
    不正利用レート制限を有効にするためのチェックボックス
  4. 総リクエストの制限、CPU制限、検索のためのCPU制限を入力するか、事前に入力されているデフォルトの制限を承認してください。
  5. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。
    Management Console での [Save settings] ボタン
  6. 設定が完了するのを待ってください。

Gitレート制限の有効化

リポジトリネットワークごとまたはユーザー ID ごとに Git レート制限を適用できます。 Git レート制限は 1 分あたりの同時操作数で表現され、現在の CPU 負荷に適応します。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。
    左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. "Rate Limiting(レート制限)"の下でEnable Git Rate Limiting(Gitレート制限の有効化)を選択してください。
    Git レート制限を有効にするためのチェックボックス
  4. リポジトリネットワークまたはユーザ ID ごとの制限を入力してください。
    リポジトリネットワークとユーザ ID 制限のフィールド
  5. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。
    Management Console での [Save settings] ボタン
  6. 設定が完了するのを待ってください。

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.