Skip to main content

アプリケーションの構成

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス 向けに内部アプリケーションの設定を構成できます。

画像キャッシュを調整する

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス がアバターをキャッシュする時間を選択できます。 キャッシュ時間を長くすると、ユーザのアバターをロードするのにかかる時間が長くなります。 キャッシュ時間を短すぎる値で設定すると、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス のワーク プロセスが過負荷になる可能性があります。

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅で をクリックします。

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

  3. [ サイト管理者] サイドバーで [Management Console] をクリックします。

  4. [設定] サイドバーで [アプリケーション] をクリックします。

  5. [アバター イメージ キャッシュ時間 (秒)] で、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス にアバター画像をキャッシュさせる秒数を入力します。

  6. [設定] サイドバーで [設定の保存] をクリックします。

    注: [Management Console] に設定を保存すると、システム サービスが再起動され、ユーザーに表示されるダウンタイムが発生する可能性があります。

  7. 設定の実行が完了するのを待ってください。

チェックのアイテム保持ポリシーを有効にする

アーカイブと削除のしきい値を設定することで、チェック、アクション、関連データの保持ポリシーを有効にできます。 アクションの構成の詳細については、「エンタープライズの GitHub Actions について」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅で をクリックします。

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

  3. [ サイト管理者] サイドバーで [Management Console] をクリックします。

  4. [設定] サイドバーで [チェック] をクリックします。

  5. [チェック関連データのアーカイブを有効にする] を選びます。

  6. [アーカイブしきい値 (日数)] にアーカイブしきい値の日数を入力します。 この日数より古いチェックはアーカイブされます。

  7. [削除しきい値 (日数)] に削除しきい値の日数を入力します。 アーカイブされているチェックがこの日数より古いとき、完全に削除されます。

  8. [設定] サイドバーで [設定の保存] をクリックします。

    注: [Management Console] に設定を保存すると、システム サービスが再起動され、ユーザーに表示されるダウンタイムが発生する可能性があります。

  9. 設定の実行が完了するのを待ってください。

対話型マップの有効化

GeoJSON または TopoJSON 構文を使ってユーザーが対話型マップを作成できるようにすることができます。 詳しくは、「ダイアグラムの作成」を参照してください。

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で対話型マップを有効にするには、この機能を有効にして、Azure のパブリック認証トークンを指定する必要があります。 詳しくは、Microsoft Docs の「Azure Maps による認証」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅で をクリックします。

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

  3. [ サイト管理者] サイドバーで [Management Console] をクリックします。

  4. [設定] サイドバーで [プライバシー] をクリックします。

  5. 対話型マップを有効にするには、[GeoJSON レンダリングを有効にする] を選択します。

  6. 認証を構成するには、[Azure Maps API トークン] にトークンを貼り付けます。

  7. [設定] サイドバーで [設定の保存] をクリックします。

    注: [Management Console] に設定を保存すると、システム サービスが再起動され、ユーザーに表示されるダウンタイムが発生する可能性があります。

  8. 設定の実行が完了するのを待ってください。