Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-03-07. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

管理シェル (SSH) にアクセスする

SSHアクセスによって、トラブルシューティング、バックアップの実行、レプリケーションの設定のためにGitHub Enterprise Serverのコマンドラインユーティリティを実行できます。

管理シェルでのアクセスについて

管理シェルへの SSH アクセスがある場合は、GitHub Enterprise Server のコマンドラインユーティリティを実行できます。 SSHでのアクセスは、トラブルシューティングやバックアップの実行、レプリケーションの設定にも役立ちます。 管理のためのSSHアクセスはGitのSSHアクセスとは別に管理され、ポート122を通じてのみアクセスできます。

SSH経由での管理シェルへのアクセスの有効化

管理のためのSSHアクセスを有効化するには、SSHの公開鍵をインスタンスの認証済みキーのリストに追加しなければなりません。 詳しくは、「新しい SSH キーを生成して ssh-agent に追加する」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅で をクリックします。
  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。
  3. [ サイト管理者] サイドバーで [Management Console] をクリックします。
  4. [SSH でのアクセス] の下の [新しい SSH キーの追加] テキスト ボックスにキーを貼り付けてから、 [キーの追加] をクリックします。 変更は即座に有効になるため、 [設定の保存] をクリックする必要はありません。

SSH経由での管理シェルへの接続

SSH キーをリストに追加したら、ポート 122 の admin ユーザーとしてインスタンスに SSH 経由で接続します。

$ ssh -p 122 admin@github.example.com
Last login: Sun Nov 9 07:53:29 2014 from 169.254.1.1
admin@github-example-com:~$ █

SSH 接続問題のトラブルシューティング

SSH 経由で お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス に接続しようとすると Permission denied (publickey) エラーが発生する場合は、ポート 122 で接続していることを確認してください。 使用するプライベートな SSH キーを明確に指定することが必要になる場合があります。

コマンド ラインを使用して秘密 SSH キーを指定するには、-i 引数を指定して ssh を実行ます。

ssh -i /path/to/ghe_private_key -p 122 admin@HOSTNAME

SSH 構成ファイル (~/.ssh/config) を使用して SSH 秘密キーを指定することもできます。

Host HOSTNAME
  IdentityFile /path/to/ghe_private_key
  User admin
  Port 122

ローカルコンソールを使った管理シェルへのアクセス

たとえばSSHが利用でいないような緊急時には、管理シェルにローカルでアクセスできます。 admin ユーザーとしてサインインし、GitHub Enterprise Server の初期セットアップ中に設定されたパスワードを使用します。

管理シェルへのアクセス制限

管理シェルへのアクセスは、トラブルシューティングとドキュメント化された運用手順の実行時のみ許されます。 システムやアプリケーションのファイル変更、プログラムの実行、サポートされていないソフトウェアパッケージのインストールは、サポート契約を無効にすることがあります。 サポート契約で許可されているアクティビティについて質問があれば、GitHub Enterprise サポート にアクセスしてください。