Skip to main content

Organization 内でリポジトリの可視性の変更を制限する

Organization のデータを保護するために、Organization 内でリポジトリの可視性を変更するための権限を設定できます。

Who can use this feature

Organization owners can restrict repository visibility changes for an organization.

Organization のリポジトリの表示または非表示を変更できるユーザーを制限できます。たとえば、リポジトリをプライベートからパブリックに変更できます。 リポジトリの表示について詳しくは、「リポジトリについて」を参照してください。

Organization 所有者だけにリポジトリが表示されるように制限できます。あるいは、リポジトリへの管理者アクセスを持つユーザーに表示変更を許可できます。

警告: この設定を有効にすると、管理者アクセスを持つユーザーは、その種類のリポジトリ作成を許可していない場合でも、既存リポジトリの表示を選べます。 作成時のリポジトリの表示制限について詳しくは、「Organization 内でリポジトリの作成を制限する」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  2. In the "Access" section of the sidebar, click Member privileges.

  3. [リポジトリの表示設定の変更] の下で、 [この Organizaton の表示の変更をメンバーに許可する] の選択を解除します。 リポジトリ可視性変更をメンバーに許可するチェックボックス

  4. [保存] をクリックします。