Skip to main content

チームの作成

この記事では、次の項目が扱われます。

Team は Organization がメンバーのグループを作成し、リポジトリへのアクセスを制御できるようにします。 Team のメンバーには特定のリポジトリの読み取り、書き込み、管理権限を与えることができます。

Team は、team @mentions のように適切なグループに入力や注目を求めたい場合に通知をするような、GitHub のコラボレーションの機能の多くにおいて中心的な役割を果たします。 詳細については、「Organization のロール」を参照してください。

Teamは、企業内のグループを表したり、特定の関心や専門分野を持つ人々を含めたりできます。 たとえば、your GitHub Enterprise Server instance のアクセシビリティの専門家の Team は、さまざまな部署からの人々で構成されている可能性があります。 Teamは、企業の既存の部門階層を補完する機能的な関心事項を表します。

Organizationには、企業やグループの階層構造を反映させた入れ子チームを複数レベルで作成できます。 詳細については、「Team について」を参照してください。

Team の作成

Teamの良く考えられた組み合わせは、リポジトリへのアクセスを制御する強力な方法です。 たとえば、Organization で任意のリポジトリの既定のブランチにコードのプッシュすることを許可している場合、Organization のリポジトリに対する 管理者 権限をリリース エンジニアリング チームの Team にのみ付与し、他のすべての Team に 読み取り 権限を付与できます。

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. Organizationの名前をクリックしてください。 Organization のリスト内の Organization 名 1. Organization 名の下で、 [Team] をクリックします。 [Team] タブ
  2. [Team] タブの右側にある [新しい Team] をクリックします。 [新しい Team] ボタン 1. "Create new team(新規Teamの作成)"の下で、新しいTeamの名前を入力してください。 Team の名前フィールド 1. あるいは、"Description(説明)"フィールドにTeamの説明を入力してください。 Team の説明フィールド 1. Teamを見えるようにするか、秘密にするかを決めてください。 可視と秘密を含む可視性のオプション 6. 必要に応じて、子 Team を作成する場合は、ドロップダウン メニューを使用して、新しい Team の親 Team を選択します。 Organization の既存の Team を一覧表示するドロップダウン メニュー 1. [Team の作成] をクリックします。

LDAP Syncを有効化したTeamの作成

ユーザ認証にLDAPを使っているインスタンスでは、Teamのメンバー管理にLDAP Syncが使えます。 [LDAP グループ] フィールドにグループの 識別名 (DN) を設定すると、Team が LDAP サーバー上の LDAP グループにマップされます。 Team のメンバー管理に LDAP Sync を使う場合、your GitHub Enterprise Server instance 内で Team を管理することはできません。 LADP Syncを有効化すると、マッピングされたTeamはそのメンバーをバックグラウンドで定期的に設定された間隔で同期します。 詳細については、「LDAP Sync の有効化」を参照してください。

LDAP Sync を有効にして Team を作成するには、サイト管理者で Organization の所有者である必要があります。

LDAP 同期は、最適化構成の一部として、入れ子チームの構造を転送しません。 親子Teamの関係を作りたい場合は、入れ子チームの構造を手動で再作成し、対応するLDAPグループに同期させなければなりません。 詳細については、「チームの作成」を参照してください

注:

  • LDAP Sync は Team のメンバーリストだけを管理します。 Team のリポジトリと権限は GitHub Enterprise Server 内で管理しなければなりません。
  • LDAP グループが削除されるなどして、DN への LDAP グループのマッピングが削除されたなら、すべてのメンバーは同期されている GitHub Enterprise Server Team から削除されます。 これを修正するには、Team を新しい DN にマップし、Team メンバーを再度追加して、マッピングを手動で同期します
  • LDAP Sync が有効化されていると、ある人がリポジトリから削除された場合、その人はアクセスを失いますが、その人のフォークは削除されません。 元々のOrganizationのリポジトリへのアクセスできるように3ヶ月以内にその人がTeamに追加されたなら、次回の同期の際にフォークへのアクセスは自動的に回復されます。
  1. LDAP Sync が有効になっていることを確認します。
  2. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. Organizationの名前をクリックしてください。 Organization のリスト内の Organization 名 1. Organization 名の下で、 [Team] をクリックします。 [Team] タブ
  3. [Team] タブの右側にある [新しい Team] をクリックします。 [新しい Team] ボタン 1. "Create new team(新規Teamの作成)"の下で、新しいTeamの名前を入力してください。 Team の名前フィールド
  4. TeamをマッピングするLDAPグループのDNを検索してください。 DNが分からないなら、LDAPグループの名前を入力してください。 GitHub Enterprise Server は検索を行い、マッチがあればオートコンプリートします。 LDAP グループ DN へのマッピング 1. あるいは、"Description(説明)"フィールドにTeamの説明を入力してください。 Team の説明フィールド 1. Teamを見えるようにするか、秘密にするかを決めてください。 可視と秘密を含む可視性のオプション 6. 必要に応じて、子 Team を作成する場合は、ドロップダウン メニューを使用して、新しい Team の親 Team を選択します。 Organization の既存の Team を一覧表示するドロップダウン メニュー 1. [Team の作成] をクリックします。