Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-01-18. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

非コード ファイルの操作

GitHub Enterprise Server では、さまざまな非コード ファイル形式でのレンダリングと比較がサポートされています。

画像をレンダリングして違いを見極める

GitHub Enterprise Server では、一般的な画像形式のいくつか (PNG、JPG、GIF、PSD、SVG など) を表示できます。 単に表示するだけではなく、画像を異なるバージョン間で比較する方法もいくつかあります。

注:

  • GitHub では、PSD ファイル間の相違点の比較はサポートされていません。
  • Firefox ブラウザーを使用している場合、GitHub では SVG がレンダリングされない可能性があります。

イメージを表示する

your GitHub Enterprise Server instance 上のリポジトリから直接イメージを閲覧して表示できます。

インライン画像

SVG では現在、インラインスクリプトやアニメーションはサポートされていません。

差異を見る

見開き (2-Up)スワイプオニオン スキンの 3 つの異なるモードで画像を視覚的に比較できます。

見開き(2-Up)

見開き (2-Up) は既定のモードであり、一度に両方の画像を見ることができます。 加えて、画像のサイズがバージョン間で変わっていれば、その違いがそのまま表れます。 このモードではサイズの違いが明瞭にわかります。アセットがより高い解像度にアップグレードされた場合などにサイズが変わります。

見開き(2-Up)

Swipe

スワイプ では画像の部分を並べて表示することができます。 新旧画像間でなされた微妙な色変更がわかりづらいといった場合、 スワイプスライダーを問題の領域までドラッグして注目すると、違いが見えてきます。

Swipe

オニオンスキン

オニオン スキン は、要素の移動量が小さくてわかりづらい場合に役立ちます。 ほとんど変わっていないように見えるアイコンが、もしかしたら 2 ピクセルほど左にずらされているかもしれません。その場合、 スライダーで不透明度を調節して、それが動くかどうかを見てください。

オニオンスキン

3Dファイルビューア

GitHub Enterprise Server では、 .stl 拡張子の 3D ファイルをホストしてレンダリングできます。

STLファイルを直接GitHub Enterprise Serverで見る場合、以下のことができます。

  • クリックしてドラッグすることでモデルを回転させる。
  • 右クリックしてからドラッグすることでビューを変換する。
  • スクロールしてズームイン及びズームアウトする。
  • 様々なビューモードをクリックしてビューを変更する。

Diff

STLファイルを含むコミットあるいは一連の変更を見る場合、そのファイルのdiffの前後を見ることができます。

デフォルトでは、変更されなかった物はすべてワイヤーフレームで表示されます。 追加分は緑になり、削除された部分は赤になります。

ワイヤーフレーム

リビジョン スライダー オプションを選択し、ファイルの上にあるスライダーを使用して、現在と以前のリビジョン間を行き来することができます。

低速なパフォーマンスの修正

このアイコンがビューアの隅に表示されている場合、そのブラウザではWebGLテクノロジが利用できません。

WebGLのポップエラー

使用しているコンピューターのハードウェアを完全に活用するためには、WebGLが必要です。 WebGL が有効になった状態で出荷される ChromeFirefox などのブラウザーを試してみることをお勧めします。

エラー:"Unable to display"(表示不能)

モデルが不正なら、GitHub はそのファイルを表示できないことがあります。 加えて、10 MB 以上のファイルは大きすぎて GitHub は表示できません。

他の場所へのモデルの埋め込み

インターネット上の別の場所に3Dファイルを表示するには、このテンプレートを変更し、JavaScriptをサポートするHTMLページに配置します。

<script src="https://embed.github.com/view/3d/<username>/<repo>/<ref>/<path_to_file>"></script>

たとえば、モデルの URL が github.com/skalnik/secret-bear-clip/blob/master/stl/clip.stl のとき、埋め込みコードは次のようになります。

<script src="https://embed.github.com/view/3d/skalnik/secret-bear-clip/master/stl/clip.stl"></script>

既定では、埋め込まれるレンダラーは幅 420 ピクセル、高さ 620 ピクセルになりますが、?height=300&width=500 のように高さと幅の変数をパラメーターとして URL の末尾に渡すことで、この出力をカスタマイズできます。

メモ: ref は、ブランチまたは個々のコミットへのハッシュとすることができます (例: 2391ae)。

CSV および TSV データをレンダリングする

GitHub では、 .csv (カンマ区切り) ファイル形式と .tsv (タブ区切り) ファイル形式の表形式データのレンダリングがサポートされています。

レンダリングされた CSV のサンプル

表示すると、your GitHub Enterprise Server instance のリポジトリにコミットされた .csv ファイルまたは .tsv ファイルは、ヘッダーと行番号を備えた完成された対話型テーブルとして自動的にレンダリングされます。 デフォルトでは、常に 1 番目の行がヘッダ行であるとみなされます。

行番号をクリックして特定の行にリンクすることも、Shift キーを押して複数行を選択することもできます。 あとは URL をコピーして送るだけです。

データ検索

データセットから特定の値を見つけるには、ファイルの上にある検索バーで直接、入力を開始します。 行が自動的にフィルタされます。

値を検索する

エラーの処理

時々、CSV や TSV が正常にレンダリングされないことがあります。 その場合、生テキストの末尾にエラーボックスが表示され、考えられる原因が示されます。

CSV レンダリングのエラーメッセージ

一般的なエラーの理由は、次のとおりです。

  • 列カウントの不一致。 セルは空白でもかまいませんが、各行の区切り文字の数は同じである必要があります。
  • ファイルサイズの超過。 レンダリングが機能するファイルのサイズは 512KB までです。 それより大きいと、ブラウザが低速になります。

PDF ドキュメントをレンダリングする

GitHub では PDF ドキュメントのレンダリングをサポートしています。

レンダリングされた PDF ドキュメント

現在、PDF 内のリンクは無視されます。

文章ドキュメントの差分をレンダリングする

文章ドキュメントを含むコミットとプル要求には、そのドキュメントを ソース ビューと レンダリング済み ビューで表示する機能があります。

ソース ビューには入力された生テキストが表示されますが、レンダリング済みビューでは GitHub Enterprise Server でレンダリングされた様子を見ることができます。 たとえば、**bold** を Markdown で表示することと、レンダリングされたビューに 太字 で表示する場合の違いは次のようになります。

文章のレンダリングは、github/markup でサポートされているレンダリングされたドキュメントでサポートされています。

  • Markdown
  • AsciiDoc
  • Textile
  • ReStructuredText
  • Rdoc
  • 組織
  • Creole
  • MediaWiki
  • Pod

レンダリング済み文章ドキュメントを表示する紙アイコン

[] をクリックすると、コミットの一環としてドキュメントに行った変更を表示できます。

レンダリング済み文章変更

Markdown レンダリングの無効化

Markdown ファイルを確認するときは、ファイルの上部にある をクリックすると、Markdown レンダリングを無効にして、代わりにファイルのソースを表示することができます。

Markdown とソースとして表示する

Markdown レンダリングを無効にすると、ライン リンクなどのソース ビュー機能を使用できます。これは、レンダリングされた Markdown ファイルを表示する場合には使用できません。

属性変更を可視化する

読者に見せる文字部分とは異なり、属性への変更は、レンダリングされたドキュメントでは見えなくなります。Github ではそれをツールチップで示します。 たとえば、リンク URL が、あるウェブサイトから別のものに変更された場合、ツールチップで次のように示されます:

レンダリング済み文章属性変更

変更についてのコメントを入力する

コミット コメント は、ソース ビュー内のファイルにのみ 1 行ずつ追加できます。

ヘッダにリンクする

他のレンダリングされた文章ドキュメントと同様に、ドキュメント内のヘッダーにカーソルを合わせるとリンク アイコンが作成されます。 レンダリング済み文章の diff の読者を特定のセクションにリンクできます。

複雑な diff を表示する

プルリクエストの中には、大きくて複雑なドキュメントでの多数の変更を含むものがあります。 変更の分析に時間がかかりすぎると、GitHub Enterprise Server が変更のレンダリングされたビューを常に生成できない場合があります。 これが発生した場合、レンダリングされたボタンをクリックするとエラーメッセージが表示されます。

ビューをレンダリングできない場合のメッセージ

その場合でもソースビューは変更の分析やコメント入力に使用できます。

HTML 要素を表示する

HTML ドキュメントへのコミットのレンダリング済みビューは、直接にはサポートしていません。 形式の中には、Markdown のように、任意の HTML をドキュメントに埋め込むことができるものがあります。 そうしたドキュメントが GitHub Enterprise Serverで表示される際、埋め込まれた HTML はプレビューで表示されますが、表示できないもの (埋め込み YouTube 動画など) もあります。

通常、埋め込み HTML を含むドキュメントへの変更のレンダリング済みビューでは、GitHub Enterprise Server のドキュメントのビューでサポートされている要素への変更を表示します。 埋め込み HTML を含むドキュメントへの変更のレビューは、完全を期して、常にレンダリング済みとソースの両方のビューで行う必要があります。

GitHub 上の GeoJSON または TopoJSON ファイルのマッピング

GitHub Enterprise Server は、GitHub Enterprise Server リポジトリでの GeoJSON および TopoJSON マップ ファイルのレンダリングをサポートしています。 .geojson 拡張子または .topojson 拡張子を使用する通常の場合と同様に、ファイルをコミットするだけです。 .json 拡張子をもつファイルもサポートされますが、typeFeatureCollectionGeometryCollectiontopology に設定されている場合のみです。 次に、GitHub.com で GeoJSON または TopoJSON ファイルのパスに移動します。

右側にある紙アイコンをクリックすると、そのファイル ドキュメントに加えられた変更も、コミットの一部として表示されます。

ソースとレンダリングの切り替えのスクリーンショット

ジオメトリのタイプ

GitHub Enterprise Server のマップは Leaflet.js を使用し、geoJSON 仕様 (Point、LineString、Polygon、MultiPoint、MultiLineString、MultiPolygon、GeometryCollection) で概説されているすべてのジオメトリの種類をサポートします。 TopoJSON ファイルは "トポロジ" 型で、TopoJSON 仕様に従う必要があります。

フィーチャーのスタイリング

GeoJSON オブジェクトのプロパティに追加のメタデータを渡すと、特定の色を指定したり、説明アイコンを追加したりするなど、フィーチャーの表示方法をカスタマイズすることができます。 オプションは次のとおりです。

  • marker-size - smallmedium または large
  • marker-color - 有効な RGB 16 進数の色
  • marker-symbol - Maki プロジェクトのアイコン ID、または単一の英数字 (a から z または 0 から 9)。
  • stroke - ポリゴンのエッジまたは線の色 (RGB)
  • stroke-opacity - ポリゴンのエッジまたは線の不透明度 (0.0 から 1.0)
  • stroke-width - ポリゴンのエッジまたは線の幅
  • fill - ポリゴンの内部の色 (GRB)
  • fill-opacity - ポリゴンの内部の不透明度 (0.0 から 1.0)

詳細については、オープン simplestyle 仕様のバージョン 1.1.0 を参照してください。

マップを他の場所に埋め込む

GeoJSON マップを GitHub Enterprise Server 以外の場所で使うには、 次のテンプレートを修正し、JavaScript をサポートしている任意の HTML ページに貼り付けます (例: GitHub Pages)。

<script src="https://embed.github.com/view/geojson/<username>/<repo>/<ref>/<path_to_file>"></script>

たとえば、マップの URL が github.com/benbalter/dc-wifi-social/blob/master/bars.geojson の場合、埋め込みコードは次のようになります。

<script src="https://embed.github.com/view/geojson/benbalter/dc-wifi-social/master/bars.geojson"></script>

既定では、埋め込まれるマップのサイズは 420px x 620px ですが、最後のパラメータとして、?height=300&width=500 のように height 変数と width 変数 を渡すことで、出力をカスタマイズできます。

メモ: ref は、ブランチまたは個々のコミットへのハッシュとすることができます (例: 2391ae)。

クラスタリング

マップに大量のマーカー (およそ 750 以上) が設定されている場合、ズーム レベルが大きいときは近隣のマーカーが自動的にクラスタ化されます。 クラスタをクリックしてズームするだけで、個々のマーカーが表示されます。

基になるマップに問題がある

基になるマップ データ (通りの名前、道路など) は、編集可能な無料の世界地図をコラボレーションによって作るプロジェクト OpenStreetMap を利用しています。 何かしらの誤りに気付いた場合は、オープンソースであるため、サインアップして修正を提起するだけです。

トラブルシューティング

GeoJSON ファイルのレンダリングに問題がある場合は、GeoJSON リンターでそのファイルを実行し、有効な GeoJSON ファイルであることをご確認ください。 ポイントが、意図しない場所 (: 海の中など) にある場合、そのデータには、現在サポートされていない投影法が使用されている可能性があります。 現在、GitHub Enterprise Server では urn:ogc:def:crs:OGC:1.3:CRS84 投影法のみがサポートされています。

また、10 MB を超えるような大きな .geojson ファイルは、ブラウザーではレンダリングできません。 その場合は通常、次のようなメッセージが表示されます:

大きいファイル

場合によっては、.geojson ファイルを TopoJSON に変換することで、データのレンダリングが可能となることもあります。この圧縮形式では、ファイルサイズを最大 80% 削減できます。 ファイルを小さいチャンクに分割し (州ごと、年ごとなど)、データを複数のファイルとしてリポジトリに格納することは、もちろんいつでもできます。

参考資料

GitHub で Jupyter Notebook ファイルを使って作業する

Jupyter Notebook または IPython Notebook ファイルに .ipynb 拡張子を付けて your GitHub Enterprise Server instance に追加すると、それらはリポジトリに静的 HTML ファイルとしてレンダリングされます。

カスタム JavaScript プロットなど、Notebook のインタラクティブ機能は、your GitHub Enterprise Server instance のリポジトリでは機能しません。 例については、「リンクと Interactions.ipynb」を参照してください。

レンダリングした JavaScript コンテンツを含む Jupyter notebook を表示する場合、または、notebook ファイルを他のユーザーと共有する場合、nbviewer を使用できます。 例については、nbviewer でレンダリングされた「リンクと Interactions.ipynb」を参照してください。

Jupyter notebook の完全にインタラクティブなバージョンを表示するには、notebook サーバーをローカルに設定します。 詳細については、Jupyter の公式ドキュメントを参照してください。

トラブルシューティング

静的 HTML 内の Jupyter Notebook ファイルのレンダリングで問題が発生する場合は、nbconvert コマンドを使用して、コマンド ラインでファイルをローカルで変換できます。

$ jupyter nbconvert --to html NOTEBOOK-NAME.ipynb

参考資料