Skip to main content

Configuring commit rebasing for pull requests

You can enforce, allow, or disable commit rebasing for all pull request merges on your GitHub Enterprise Server instance in your repository.

your GitHub Enterprise Server instance 上でプルリクエストのマージオプションを設定して、ワークフローの要求と Git の履歴管理への要望を満たすことができます。 詳細については、「pull request マージの構成」を参照してください。

  1. your GitHub Enterprise Server instance で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン

  3. Under "Merge button", select Allow rebase merging. This allows contributors to merge a pull request by rebasing their individual commits onto the base branch.

    Pull request rebased commits

If you also select another merge method, collaborators will be able to choose the type of merge commit when merging a pull request. コミットの線形履歴を必要とする保護されたブランチ ルールがリポジトリにある場合、スカッシュ マージ、リベース マージ、あるいはその両方を許可しなければなりません。 詳細については、「保護されたブランチについて」を参照してください。