Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

依存関係グラフの設定

依存関係グラフを有効にすることによって、ユーザが自分のプロジェクトの依存関係を特定できるようになります。

依存関係グラフについて

The dependency graph is a summary of the manifest and lock files stored in a repository. それぞれのリポジトリにおいて、依存関係グラフは以下を表示します。依存関係、すなわちリポジトリが依存するエコシステムとパッケージ。 GitHub Enterprise Serverは、リポジトリに依存する対象、リポジトリ、パッケージに関する情報を計算しません。

詳しい情報については、「依存関係グラフについて」を参照してください。

依存関係グラフの有効化

If the dependency graph is not available in your system, your enterprise owner can enable the dependency graph. 詳しい情報については「Enterpriseでの依存関係グラフの有効化」を参照してください。

依存関係グラフを初めて有効化すると、サポートされているエコシステムのマニフェストおよびロックファイルがすぐに解析されます。 グラフは通常数分以内に入力されますが、多くの依存関係を持つリポジトリの場合は時間がかかる場合があります。 有効にすると、リポジトリにプッシュするたびに、グラフが自動的に更新されます。

参考リンク