Skip to main content

Configuring the dependency graph

この記事では、次の項目が扱われます。

You can allow users to identify their projects' dependencies by enabling the dependency graph.

About the dependency graph

依存関係グラフは、リポジトリに格納されているマニフェストおよびロック ファイルと、Dependency submission API (ベータ) を使用してリポジトリに送信された依存関係の概要です。 それぞれのリポジトリについて、以下が表示されます:

  • リポジトリが依存している依存関係、エコシステム、パッケージ
  • リポジトリに依存する対象、リポジトリ、パッケージ

For more information, see "About the dependency graph."

About configuring the dependency graph

To generate a dependency graph, GitHub Enterprise Cloud needs read-only access to the dependency manifest and lock files for a repository. The dependency graph is automatically generated for all public repositories and you can choose to enable it for private repositories. For more information on viewing the dependency graph, see "Exploring the dependencies of a repository."

さらに、依存関係送信 API (ベータ) を使うと、マニフェストやロック ファイルの分析で依存関係グラフがサポートされていないエコシステムであっても、任意のパッケージ マネージャーやエコシステムから依存関係を送信することができます。 依存関係グラフには、送信された依存関係がエコシステム別にグループ化されて表示されますが、マニフェストまたはロック ファイルから解析された依存関係とは別に表示されます。 依存関係送信 API について詳しくは、「依存関係送信 API の使用」を参照してください。

Enabling and disabling the dependency graph for a private repository

Repository administrators can enable or disable the dependency graph for private repositories.

You can also enable or disable the dependency graph for all repositories owned by your user account or organization. For more information, see "Configuring the dependency graph."

  1. On GitHub.com, navigate to the main page of the repository.

  2. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン

  3. In the "Security" section of the sidebar, click Code security and analysis.

  4. Read the message about granting GitHub Enterprise Cloud read-only access to the repository data to enable the dependency graph, then next to "Dependency Graph", click Enable. "Enable" button for the dependency graph You can disable the dependency graph at any time by clicking Disable next to "Dependency Graph" on the settings page for "Code security and analysis."

Enterprise 所有者がエンタープライズ レベルでポリシーを設定している場合、依存関係グラフを有効または無効にできない場合があります。 詳細については、「エンタープライズのコード セキュリティと分析のためのポリシーの適用」を参照してください。

When the dependency graph is first enabled, any manifest and lock files for supported ecosystems are parsed immediately. The graph is usually populated within minutes but this may take longer for repositories with many dependencies. Once enabled, the graph is automatically updated with every push to the repository and every push to other repositories in the graph.

Further reading