Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

依存関係グラフの設定

依存関係グラフを有効にすることによって、ユーザが自分のプロジェクトの依存関係を特定できるようになります。

依存関係グラフについて

The dependency graph is a summary of the manifest and lock files stored in a repository and any dependencies that are submitted for the repository using the Dependency submission API (beta). それぞれのリポジトリにおいて、依存関係グラフは以下を表示します。

  • リポジトリが依存している依存関係、エコシステム、パッケージ
  • リポジトリに依存する対象、リポジトリ、パッケージ

詳しい情報については、「依存関係グラフについて」を参照してください。

依存関係グラフの設定について

依存関係グラフを生成するには、GitHub Enterprise Cloud がリポジトリの依存関係のマニフェストおよびロックファイルに読み取りアクセスできる必要があります。 依存関係グラフは、パブリックリポジトリに対しては常に自動的に生成され、プライベートリポジトリに対しては有効化を選択することができます。 依存関係グラフの表示に関する詳しい情報については「リポジトリの依存関係の調査」を参照してください。

Additionally, you can use the Dependency submission API (beta) to submit dependencies from the package manager or ecosystem of your choice, even if the ecosystem is not supported by dependency graph for manifest or lock file analysis. 依存関係グラフはサブミットされた依存関係をエコシステムでグループ化して表示しますが、マニフェストあるいはロックファイルからパースされた依存関係とは独立して表示します。 For more information on the Dependency submission API, see "Using the Dependency submission API."

プライベートリポジトリの依存関係グラフを有効化および無効化する

リポジトリ管理者は、プライベートリポジトリに対して依存関係グラフを有効または無効にすることができます。

ユーザアカウントまたは Organization が所有するすべてのリポジトリの依存関係グラフを有効または無効にすることもできます。 For more information, see "Configuring the dependency graph."

  1. GitHub.comで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン

  3. In the "Security" section of the sidebar, click Code security and analysis.

  4. リポジトリ データへの読み取りアクセスを GitHub Enterprise Cloud に許可して依存関係グラフを有効にすることに関するメッセージを読んだうえで、[Dependency Graph] の隣にある [Enable] をクリックします。 "Enable" button for the dependency graph You can disable the dependency graph at any time by clicking Disable next to "Dependency Graph" on the settings page for "Code security and analysis."

依存関係グラフを初めて有効化すると、サポートされているエコシステムのマニフェストおよびロックファイルがすぐに解析されます。 グラフは通常数分以内に入力されますが、多くの依存関係を持つリポジトリの場合は時間がかかる場合があります。 有効にすると、リポジトリにプッシュするたびに、またグラフ中の他のリポジトリにプッシュするたびに、グラフが自動的に更新されます。

参考リンク