Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Secret scanning patterns

Lists of supported secrets and the partners that GitHub works with to prevent fraudulent use of secrets that were committed accidentally.

Secret scanning is available for organization-owned repositories in GitHub Enterprise Server if your enterprise has a license for GitHub Advanced Security. For more information, see "GitHub's products."

Note: Your site administrator must enable secret scanning for GitHub Enterprise Serverインスタンス before you can use this feature. For more information, see "Configuring secret scanning for your appliance."

Supported secrets

When >- Secret scanning is enabled, GitHub scans for secrets issued by the following service providers.

If you use the REST API for secret scanning, you can use the Secret type to report on secrets from specific issuers. For more information, see "Secret scanning."

ProviderサポートされているシークレットSecret type
Adafruit IOAdafruit IO Keyadafruit_io_key
AzureAzure SQL Connection Stringazure_sql_connection_string Azure

Further reading