Skip to main content

Configuring the dependency graph

You can allow users to identify their projects' dependencies by enabling the dependency graph.

About the dependency graph

依存関係グラフは、リポジトリに格納されているマニフェストおよびロック ファイルの概要です。 それぞれのリポジトリについて、以下が表示されます:依存関係、すなわちリポジトリが依存するエコシステムとパッケージ。 GitHub Enterprise Server は、依存関係に関する情報、リポジトリに依存するリポジトリとパッケージを計算しません。

For more information, see "About the dependency graph."

Enabling the dependency graph

依存関係グラフがシステムで使用できない場合は、Enterprise 所有者が依存関係グラフを有効にすることができます。 詳細については、Enterprise の依存関係グラフの有効化に関するページを参照してください。

When the dependency graph is first enabled, any manifest and lock files for supported ecosystems are parsed immediately. The graph is usually populated within minutes but this may take longer for repositories with many dependencies. Once enabled, the graph is automatically updated with every push to the repository.

Further reading