ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ワークフローテンプレートを使用して継続的インテグレーションを設定する

使用したい言語とツールにマッチするワークフローテンプレートを使用して、プロジェクトに継続的インテグレーションを設定することができます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server、GitHub One、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHub public roadmapで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

リポジトリへの書き込み権限があるユーザなら誰でも GitHub Actions を使用して継続的インテグレーション (CI) を設定することができます。

CIを設定すると、必要に応じてワークフローをカスタマイズすることができます。

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。 メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ
  3. 使用したい言語とツールにマッチするテンプレートを探し、[Set up this workflow] をクリックします。 [Setup workflow] ボタン
  4. [Start commit] をクリックします。 [Start commit]ボタン
  5. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しい情報については「複数の共作者を持つコミットの作成」を参照してください。 変更のコミットメッセージ
  6. コミットメッセージフィールドの下で、コミットを追加を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳しい情報については「新しいプルリクエストの作成」を参照してください。 コミットブランチのオプション
  7. Propose new file(新規ファイルの提案)をクリックしてください。 新規ファイルの提案ボタン

リポジトリへのプッシュを実行すると、GitHubで実行された継続的インテグレーションワークフローのステータスと詳細ログを追跡し、カスタマイズした通知を受け取ることができます。 詳しい情報については、「通知を設定する」及び「ワークフローの実行の管理」を参照してください。

ステータスバッジは、ワークフローが現在失敗しているかパスしているかを示します。 ステータスバッジを追加する一般的な場所は、リポジトリのREADME.mdファイル中ですが、任意の好きなWebページに追加できます。 デフォルトでは、バッジはデフォルトブランチのステータスを示します。 特定のブランチやイベントに対するワークフローの実行のステータスを、URL中のbranch及びeventクエリパラメータを使って表示することもできます。

ステータスバッジの例

詳しい情報については、「GitHub Actions を学ぶ」を参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.