このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2021-09-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Organization のフォークポリシーを管理する

Organizationが所有する任意のプライベート及びインターナルリオジトリのフォークを許可あるいは禁止できます。

Organization owners can manage the forking policy for an organization.

デフォルトでは、新しい Organization はプライベート および内部 リポジトリのフォークを禁止するように設定されます。

Organization レベルでプライベートおよび内部リポジトリのフォークを許可する場合は、特定のプライベートまたは内部リポジトリをフォークする機能も設定することができます。 詳細は「リポジトリのフォークポリシーを管理する」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてYour organizations(あなたのOrganization)をクリックしてください。 プロフィールメニューのあなたのOrganization
  2. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン
  3. 左のサイドバーで、Member privileges(メンバーの権限)をクリックしてください。 Org設定のメンバーの権限オプション
  4. [Repository forking] で、[Allow forking of private repositories] または [Allow forking of private and internal repositories] を選択します。 Organization でフォークを許可または禁止するチェックボックス
  5. [Save] をクリックします。

参考リンク

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡