以前の外部のコラボレータの Organization へのアクセスを復帰させる

Organization のリポジトリ、フォーク、設定に対する元外部のコラボレータのアクセス許可を元に戻すことができます。

Organization のプライベートリポジトリへの外部のコラボレータのアクセスが削除されると、ユーザのアクセス権限と設定は 3 か月間保存されます。 そのタイムフレーム内にユーザを Organization へ再度追加した場合、そのユーザの権限をリストアできます。

以前の外部コラボレーターを復帰させると、次のことがリストアできます:

  • ユーザの Organization リポジトリへの以前のアクセス
  • Organization が所有しているリポジトリのあらゆるプライベートフォーク
  • Organization のチームでのメンバーシップ
  • Organization のリポジトリへの以前のアクセスと権限
  • Organization リポジトリでの Star
  • Organization での Issue 割り当て
  • リポジトリプラン (リポジトリのアクティビティを Watch するか Watch しないか無視するかについての通知設定)

ヒント:

  • 外部コラボレーターの Organization へのアクセスを復帰させることができるのは、Organization のオーナーだけです。 詳細は「Organization の権限レベル」を参照してください。
  • GitHub Enterprise Serverのインスタンス のメンバー復帰フローでは、外部コラボレーターの復帰を説明するために「メンバー」という用語を使用することがありますが、この個人を復帰させて以前の権限を保持しても、付与されるのはその外部コラボレーターの以前の権限のみです。
  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてYour organizations(あなたのOrganization)をクリックしてください。 プロフィールメニューのあなたのOrganization

  2. Organizationの名前をクリックしてください。 Organizationのリスト中のOrganization名

  3. Organization名の下で、 People(人)をクリックしてください。 人タブ

  4. People(人)タブで、Add member(メンバーを追加)をクリックしてください。 Add member button

  5. 復帰させたい人のユーザ名を入力し、Invite(招待)をクリックしてください。

  6. [Add and reinstate] をクリックして外部のコラボレータの Organization での以前の権限をリストアすることを選択するか、[Add and start fresh] をクリックして以前の権限をクリアして新たにアクセス権を設定することを選択します。

    警告: 外部コラボレーターを Organization メンバーにアップグレードする場合は、[Add and start fresh] を選択して、その個人に新しいロールを選択してください。 ただし、[start fresh] を選択する場合、その個人のプライベートフォークは Organization のリポジトリから失われますので、注意が必要です。 以前の外部コラボレーターを Organization のメンバーにして、かつそのプライベートフォークを保持するには、代わりに [Add and reinstate] を選択します。 それから、Organization にメンバーとして追加することにより、その個人を Organization メンバーに変換できます。

    設定をリストアするか否かの選択

  7. 以前の外部コラボレーターの以前の権限をクリアした場合は、そのユーザのロールを選択し、オプションでいくつかのチームに追加してから、[Add member] をクリックします。 ロールと Team のオプションと [add member] ボタン

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡