ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ユーザーのサスペンドとサスペンドの解除

ユーザが企業を離れたり異動したりした場合には、GitHub Enterprise Serverのインスタンス に対するそのユーザのアクセス権を削除したり変更したりしなければなりません。

ここには以下の内容があります:

従業員が企業を退職した場合、そのGitHub Enterprise Serverアカウントをサスペンドすれば、GitHub Enterpriseライセンス中のユーザライセンスを空けながら、Issue、コメント、リポジトリ、Gist、そしてそのユーザが作成した他のデータを保持しておくことができます。 サスペンドされたユーザはインスタンスにサインインすることも、コードをプッシュやプルすることもできません。

ユーザをサスペンドした場合、その変更はすぐに有効になり、ユーザには通知されません。 ユーザがリポジトリからのプルやプッシュをしようとすると、以下のエラーが返されます:

$ git clone git@[hostname]:john-doe/test-repo.git
Cloning into 'test-repo'...
ERROR: Your account is suspended. Please check with your installation administrator.
fatal: The remote end hung up unexpectedly

サイト管理者をサスペンドする前には、そのユーザを通常のユーザに降格させなければなりません。 詳細は「サイト管理者の昇格あるいは降格」を参照してください。

メモ: 仮に GitHub Enterprise Serverのインスタンス で LDAP Sync が有効化されているなら、LDAP ディレクトリサーバから削除されたユーザは自動的にサスペンドされます。 インスタンスで LDAP Sync が有効化されている場合、通常のユーザのサスペンド方法は無効化されています。

ユーザ管理ダッシュボードからユーザをサスペンドする

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 検索フィールドでユーザ名を入力し、Search(検索)をクリックしてください。 [Site admin settings search] フィールド
  3. 検索結果で、ユーザ名をクリックしてください。 サイドアドミン設定の検索オプション
  4. ページの右上から Admin(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  5. 左のサイドバーで Admn(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  6. Danger Zone(危険区域)ボックス内の"Account suspension(アカウントのサスペンド)"の下のSuspend(サスペンド)をクリックしてください。 サスペンドボタン
  7. ユーザをサスペンドする理由を入力してください。 サスペンドの理由

ユーザ管理ダッシュボードからユーザのサスペンドを解除する

ユーザのサスペンドの場合と同じく、ユーザのサスペンド解除もすぐに有効になります。 ユーザには通知されません。

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左サイドバーで [ Suspended users] をクリックします。 [Suspended users] タブ
  3. サスペンドを解除したいユーザアカウントの名前をクリックします。 サスペンドユーザ
  4. ページの右上から Admin(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  5. 左のサイドバーで Admn(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  6. 赤いDanger Zone(危険区域)ボックス中の"Account suspension(アカウントのサスペンド)"の下で、Unsuspend(サスペンド解除)をクリックしてください。 [Unsuspend] ボタン
  7. ユーザのサスペンドを解除する理由を入力します。 サスペンド解除の理由

コマンドラインからユーザをサスペンドする

  1. GitHub Enterprise ServerのインスタンスにSSHでアクセスしてください。 詳しい情報については「管理シェル(SSH)にアクセスする」を参照してください。
    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
  2. ghe-user-suspend にサスペンドするユーザの名前を添えて実行します。
    $ ghe-user-suspend username

サスペンドされたユーザのためのカスタムメッセージを作成する

サスペンドされたユーザがサインインしようとしたときに表示されるカスタムメッセージを作成できます。

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてEnterprise settings(Enterpriseの設定)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Serverのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Enterprise settings"

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  3. Under Settings, click Messages. Messages tab in the enterprise settings sidebar

  4. Add message(メッセージの追加)をクリックしてください。 Add message

  5. Suspended user message(サスペンドされたユーザへのメッセージ)ボックスにメッセージを入力してください。 Markdownをタイプするか、Markdownツールバーを使ってメッセージのスタイルを指定できます。 サスペンドされたユーザへのメッセージ

  6. Suspended user message(サスペンドされたユーザへのメッセージ)フィールドの下にあるPreview(プレビュー)ボタンをクリックして、表示されるメッセージを確認してください。 プレビューボタン

  7. 表示されたメッセージを確認します。 サスペンドされたユーザへのメッセージの表示

  8. ページの下部でSave changes(変更の保存)をクリックしてください。 変更の保存

コマンドラインからユーザのサスペンドを解除する

  1. GitHub Enterprise ServerのインスタンスにSSHでアクセスしてください。 詳しい情報については「管理シェル(SSH)にアクセスする」を参照してください。
    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
  2. ghe-user-unsuspendにサスペンド解除するユーザの名前を添えて実行します。
    $ ghe-user-unsuspend username

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

Privacy policy

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡