ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

インターナルリポジトリへの移行

インターナルリポジトリへ移行して、GitHub Enterprise ServerとGitHub Enterprise Cloudの両方を使う開発者の内部ソースに関する体験を統合できます。

サイト管理者はインターナルリポジトリへ移行できます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

インターナルリポジトリについて

インターナルリポジトリは、GitHub Enterprise Server 2.20+で利用できます。 You can use internal repositories to practice "innersource" within your instance. Members of any organization on your instance can collaborate using open source methodologies without sharing proprietary information publicly, even with private mode disabled. 詳しい情報については「リポジトリの可視性について」を参照してください。

GitHub Enterprise Serverの将来のリリースでは、リポジトリの可視性の動作を調整し、パブリック、インターナル、プライベートという用語がGitHub Enterprise ServerとGitHub Enterprise Cloudの開発者に対して統一的な意味合いを持つようにします。

これらの変更に備えるために、もしプライベートモードを有効化しているなら、インスタンスで移行を行ってパブリックリポジトリをインターナルに変換できます。 この移行は現時点ではオプションであり、非プロダクションのインスタンスで変更をテストできるようにするためのものです。 この移行は、将来は必須になります。

移行を行うと、インスタンス上でOrganizationが所有するすべてのパブリックリポジトリは、インターナルリポジトリになります。 それらのリポジトリのいずれかがフォークを持っていれば、そのフォークはプライベートになります。 プライベートリポジトリは、プライベートのままになります。

インスタンス上でユーザアカウントが所有するすべてのパブリックリポジトリは、プライベートリポジトリになります。 それらのリポジトリのいずれかがフォークを持っていれば、そのフォークもプライベートになります。 各フォークの所有者は、フォークの親に対して読み取り権限が与えられます。

インターナルもしくはプライベートになるパブリックリポジトリに対する匿名Git読み取りアクセスは、無効化されます。

リポジトリに対する現在のデフォルトの可視性がパブリックであれば、デフォルトはインターナルになります。 現在のデフォルトがプライベートであれば、デフォルトは変更されません。 デフォルトはいつでも変更できます。 詳しい情報については「アプライアンス上の新しいリポジトリに対するデフォルトの可視性の設定」を参照してください。

インスタンスに対するリポジトリの作成ポリシーは、パブリックリポジトリの無効化とプライベート及びインターナルリポジトリの許可に変更されます。 このポリシーはいつでも更新できます。 詳しい情報については「インスタンスでのリポジトリ作成の制限」を参照してください。

プライベートモードを有効化していないなら、移行スクリプトは何もしません。

移行の実施

  1. 管理シェルに接続します。 詳しい情報については「管理シェル(SSH)にアクセスする」を参照してください。
  2. /data/github/currentディレクトリにアクセスしてください。
    cd /data/github/current
    
  3. 移行コマンドを実行してください。
    sudo bin/safe-ruby lib/github/transitions/20191210220630_convert_public_ghes_repos_to_internal.rb --verbose -w | tee -a /tmp/convert_public_ghes_repos_to_internal.log
    

ログの出力は、ターミナルと/tmp/convert_public_ghes_repos_to_internal.logに対して行われます。

参考リンク

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.