ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Enterprise ServerとGitHub Enterprise Cloudの間で自動ユーザライセンス同期を有効化する

GitHub Enterprise Server インスタンスをGitHub Enterprise Cloudに接続すると、GitHub Enterprise Serverでユーザライセンス情報をGitHub.com上のEnterpriseアカウントにアップロードすることができます。

Site administrators for GitHub Enterprise Server who are also owners of the connected GitHub Enterprise Cloud organization or enterprise account can enable automatic user license synchronization.

ライセンスの同期について

ライセンスの同期を有効にすると、GitHub Enterprise Server および GitHub Enterprise Cloud 全体で、Enterprise アカウント全体のライセンス使用状況を表示できるようになります。 GitHub Connect は、GitHub Enterprise Server と GitHub Enterprise Cloud 間で毎週ライセンスを同期します。 詳しい情報については、「GitHub Enterprise ライセンスを管理する」を参照してください。

GitHub Enterprise Serverユーザライセンス情報を手動でGitHub Enterprise Cloudにアップロードすることもできます。 詳細は、「GitHub Enterprise ServerをGitHub Enterprise Cloudに接続する」を参照してください。

ライセンス同期の有効化

GitHub Enterprise Server インスタンスでライセンス同期を有効化する前に、GitHub Enterprise Server インスタンスをGitHub.comに接続する必要があります。 詳細は、「GitHub Enterprise ServerをGitHub Enterprise Cloudに接続する」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてEnterprise settings(Enterpriseの設定)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Serverのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Enterprise settings"

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  3. 左のサイドバーでGitHub Connectをクリックしてください。 ビジネスアカウントの設定サイドバー内のGitHub Connectタブ

  4. [Server can sync user license count and usage] で、ドロップダウンメニューを使って [Enabled] を選択します。 自動ユーザライセンス同期を有効化するドロップダウンメニュー

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡