ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リファレンス

ワークフローの作成、GitHub ホストランナーの使用、および認証に関するリファレンスドキュメント。

ノート: GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 2.22で限定ベータとして利用可能でした。 ベータは終了しました。 GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 3.0以降で一般に利用可能になりました。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 のリリースノートを参照してください。


ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHub public roadmapで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

ワークフロー構文

ワークフローファイルは YAML で記述されています。 YAML ワークフローファイルでは、式の構文を使用して、コンテキスト情報、リテラル、演算子、および関数を評価できます。 コンテキスト情報には、ワークフロー、環境変数、シークレット、およびワークフローをトリガーしたイベントが含まれます。 ワークフローステップで run を使用してシェルコマンドを実行する場合、特定のワークフローコマンド構文を使用して環境変数を設定し、後続のステップの出力パラメーターを設定して、エラーメッセージまたはデバッグメッセージを設定できます。

イベント

特定の GitHub イベントが発生したとき、スケジュールされた時間で実行、手動で実行、または GitHub 外のイベントが発生したときに実行するようにワークフローを設定できます。

認証とシークレット

GitHubは、GitHub Actionsの代理で認証を受けるために利用できるトークンを提供します。 機密情報を Organizationあるいはリポジトリのシークレットとして保存することもできます。 GitHub はすべてのシークレットを暗号化します。

環境変数

GitHubはそれぞれのGitHub Actionsワークフローの実行に対してデフォルトの環境変数を設定します。 ワークフローファイル中でカスタムの環境変数を設定することもできます。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.