このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2021-09-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Xamarin アプリケーションのビルドとテスト

GitHub Actions で継続的インテグレーション (CI) ワークフローを作成して、Xamarin アプリケーションをビルドおよびテストできます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ノート: GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 2.22で限定ベータとして利用可能でした。 ベータは終了しました。 GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 3.0以降で一般に利用可能になりました。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 のリリースノートを参照してください。


ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

はじめに

このガイドでは、Xamarin プロジェクトの継続的インテグレーション (CI) を実行するワークフローを作成する方法を説明します。 作成するワークフローによって、Pull Requestに対するコミットがデフォルトブランチに対してビルドあるいはテストの失敗を引き起こしたことを見ることができるようになります。このアプローチは、コードが常に健全であることを保証するための役に立ちます。

For a full list of available Xamarin SDK versions on the GitHub Actions-hosted macOS runners, see the documentation:

ノート: macOS 11の仮想環境は、現在プライベートプレビューとしてのみ提供されています。 このランナーをすでに利用しているユーザもしくはOrganizationは引き続きこのランナーをご利用いただけますが、現時点でこれ以上のユーザやOrganizationは受け付けておりません。 YAMLワークフローラベルのmacos-latest は、引き続きmacOS 10.15の仮想環境を使用します。

必要な環境

Xamarin、.NET Core SDK、YAML、ワークフロー設定オプション、およびワークフローファイルの作成方法の基本を理解しておくことをお勧めします。 詳しい情報については、以下を参照してください。

Xamarin.iOS アプリケーションのビルド

The example below demonstrates how to change the default Xamarin SDK versions and build a Xamarin.iOS application.

name: Build Xamarin.iOS app

on: [push]

jobs:
  build:

    runs-on: macos-latest

    steps:
    - uses: actions/checkout@v2
    - name: Set default Xamarin SDK versions
      run: |
        $VM_ASSETS/select-xamarin-sdk-v2.sh --mono=6.12 --ios=14.10

    - name: Set default Xcode 12.3
      run: |
        XCODE_ROOT=/Applications/Xcode_12.3.0.app
        echo "MD_APPLE_SDK_ROOT=$XCODE_ROOT" >> $GITHUB_ENV
        sudo xcode-select -s $XCODE_ROOT

    - name: Setup .NET Core SDK 5.0.x
      uses: actions/setup-dotnet@v1
      with:
        dotnet-version: '5.0.x'

    - name: Install dependencies
      run: nuget restore <sln_file_path>

    - name: Build
      run: msbuild <csproj_file_path> /p:Configuration=Debug /p:Platform=iPhoneSimulator /t:Rebuild

Xamarin.Android アプリケーションのビルド

The example below demonstrates how to change default Xamarin SDK versions and build a Xamarin.Android application.

name: Build Xamarin.Android app

on: [push]

jobs:
  build:

    runs-on: macos-latest

    steps:
    - uses: actions/checkout@v2
    - name: Set default Xamarin SDK versions
      run: |
        $VM_ASSETS/select-xamarin-sdk-v2.sh --mono=6.10 --android=10.2

    - name: Setup .NET Core SDK 5.0.x
      uses: actions/setup-dotnet@v1
      with:
        dotnet-version: '5.0.x'

    - name: Install dependencies
      run: nuget restore <sln_file_path>

    - name: Build
      run: msbuild <csproj_file_path> /t:PackageForAndroid /p:Configuration=Debug

.NETのバージョンの指定

GitHubホストランナーにプリインストールされたバージョンの.NET Core SDKを使うには、setup-dotnetアクションを使ってください。 このアクションは各ランナーのツールキャッシュから指定されたバージョンの.NETを見つけ、必要なバイナリをPATHに追加します。 これらの変更は、ジョブの残りの部分で保持されます。

setup-dotnetアクションは、GitHub Actionsで.NETを使うための推奨される方法です。これは、それによって様々なランナーや様々なバージョンの.NETに渡って一貫した振る舞いが保証されるためです。 セルフホストランナーを使っている場合は、.NETをインストールしてPATHに追加しなければなりません。 詳しい情報についてはsetup-dotnetアクションを参照してください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡