Skip to main content

CLI での GitHub Copilot の有効化

組織または エンタープライズ用の GitHub Copilot in the CLI を有効化または無効化できます。

注: GitHub Copilot Individual サブスクリプションをお持ちの場合、GitHub Copilot in the CLI ベータ版へのアクセスが自動的に許可されます。

GitHub Copilot in the CLI のパブリック ベータ版は、アクティブな GitHub Copilot Business ライセンスを持つすべての組織およびエンタープライズで利用できます。 Copilot 設定ページで、組織またはエンタープライズ用の Copilot in the CLI を有効化または無効化できます。

注: GitHub Copilot in the CLI を使用するには、有効にした後に GitHub Copilot in the CLI 拡張機能をインストールする必要があります。詳細については、「CLI での GitHub Copilot の使用」を参照してください。

組織レベルでの Copilot in the CLI の有効化または無効化

組織の所有者は、組織の Copilot in the CLI を有効化または無効化できます。 エンタープライズ所有者がエンタープライズ レベルでポリシーを設定している場合、組織用にこの設定を構成できないことがあります。

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. サイドバーの [コード、計画、自動化] セクションで、[ Copilot] をクリックし、[ポリシーと機能] をクリックします。

  4. [GitHub Copilot in the CLI] の右側にあるドロップダウン メニューを選択し、[有効] あるいは [無効] を選択します。

エンタープライズ レベルでの Copilot in the CLI の有効化または無効化

エンタープライズ所有者は、すべての組織に対して機能を有効にするか、無効にするか、機能に対する各組織の独自のポリシーの選択を許可するかを選択できます。

  1. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ポリシー] をクリックします。

  2. " [ポリシー]" で [Copilot] をクリックします。

  3. [テクニカル プレビュー機能] タブをクリックします。

  4. [GitHub Copilot in the CLI] の右側にあるドロップダウン メニューを選択し、適切なオプションを選択します。

    • エンタープライズのすべての組織に対して Copilot in the CLI のベータ版を有効にするには、[許可] をクリックします。
    • エンタープライズのすべての組織に対して Copilot in the CLI のベータ版を無効にするには、[ブロック] をクリックします。
    • エンタープライズの各組織が独自のポリシーを設定できるようにするには、[ポリシーなし] をクリックします。