Skip to main content

GitHub Copilot のコンテンツ除外の変更の確認

リポジトリや organization のコンテンツ除外の変更を監視できます。

この機能を使用できるユーザーについて

Organization owners

GitHub Copilot Business または GitHub Copilot Enterprise にサブスクリプションしている組織

Note

  • GitHub Command Palette からのコンテンツの除外は現在パブリック ベータ版であり、変更される可能性があります。
  • コンテンツの除外は、現在、一部の IDE でサポートされています。 「GitHub Copilot のコンテンツ除外について」をご覧ください。

リポジトリの変更の確認

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [設定] をクリックします。 [設定] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [設定] をクリックします。

    タブを示すリポジトリ ヘッダーのスクリーンショット。 [設定] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. サイドバーの [コードと自動化] セクションで、[ Copilot] をクリックします。

  4. ページの一番下までスクロールします。

    コンテンツ除外設定を最後に変更したユーザーの名前と、この変更を行った日時に関する情報が表示されます。

  5. 最後の変更の時刻をクリックします。

    最後の編集に関する情報のスクリーンショット。 変更時刻のリンクが濃いオレンジの枠線でハイライトされています。

    organization の [監査ログ] ページが表示され、最後にログに記録されたリポジトリの copilot.content_exclusion_changed アクションの発生が表示されます。

  6. 各エントリの末尾にある省略記号 (...) をクリックすると、詳細が表示されます。

    "excluded_paths" エントリが切り捨てられている場合は、切り捨てられた値にカーソルを合わせると、完全なエントリが表示されます。 これにより、変更が保存された後の除外設定のコンテンツが表示されます。

    "copilot.content_exclusion_changed" アクションの監査ログの詳細のスクリーンショット。 省略記号ボタンがハイライトされています。

organization 内の変更の確認

  1. GitHub の右上隅で、プロフィール写真を選択し、 あなたの組織をクリックします。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. 左側のサイドバーで、[ Copilot] をクリックし、[コンテンツの除外] をクリックします。

  4. ページの一番下までスクロールします。

    コンテンツ除外設定を最後に変更したユーザーの名前と、この変更を行った日時に関する情報が表示されます。

  5. 最後の変更の時刻をクリックします。

    最後の編集に関する情報のスクリーンショット。 変更時刻のリンクが濃いオレンジの枠線でハイライトされています。

    組織の [監査ログ] ページが表示され、最後にログに記録された copilot.content_exclusion_changed アクションの発生が表示されます。

  6. 各エントリの末尾にある省略記号 (...) をクリックすると、詳細が表示されます。

    "excluded_paths" エントリが切り捨てられている場合は、切り捨てられた値にカーソルを合わせると、完全なエントリが表示されます。 これにより、変更が保存された後の除外設定のコンテンツが表示されます。

    "copilot.content_exclusion_changed" アクションの監査ログの詳細のスクリーンショット。 省略記号ボタンがハイライトされています。