Skip to main content

GitHub Copilot in the CLI について

GitHub Copilot in the CLI は、コマンドの提案または指定されたコマンドの説明を提供することによってユーザーを支援します。

Who can use this feature?

GitHub Copilot in the CLI は現在パブリック ベータ版であり、変更される可能性があります。

GitHub Copilot Business サブスクリプションを持つ組織またはエンタープライズのオーナーは、組織内またはエンタープライズユーザーに対して GitHub Copilot Chat ベータ版へのアクセスを許可するかどうかを決定できます。

GitHub Copilot Individual サブスクリプションをお持ちの場合は、GitHub Copilot Chat ベータ版にアクセスする事ができます。

GitHub Copilot in the CLI について

GitHub Copilot in the CLI は、チャットのようなインターフェイスをターミナルに提供し、コマンド ラインについて質問できるようにします。 GitHub Copilot に質問すると、コマンドの提案または指定されたコマンドの説明が提供されます。

GitHub Copilot in the CLI は、自然言語処理と機械学習を組み合わせて質問を解析し、回答を提供します。 このプロセスは、いくつかの手順に分けることができます。

入力処理

ユーザーからの入力プロンプトは、GitHub Copilot in the CLI によって前処理され、大規模言語モデルに接続された GitHub サービスに送信され、そこでコンテキストとプロンプトに基づいて応答が生成されます。 ユーザー入力は、自然言語のプロンプトまたは質問の形式をとることができます。 また、事前に定義されたリストから、問い合わせをするコマンドの種類 (汎用シェル コマンド、Git (git)、または GitHub CLI (gh)) を選択することもできます。 このシステムは、コマンド ライン関連の質問に応答することのみを目的としています。 GitHub CLI について詳しくは、「GitHub CLI について」をご覧ください。

言語モデルの分析

入力プロンプトは、大量のテキスト データでトレーニングされたニューラル ネットワークである言語モデルを通過します。 言語モデルでは、入力プロンプトが分析され、クエリに最も関連性の高いコマンドまたはコマンドの説明が見つかります。

応答の生成

言語モデルによって、入力プロンプトの分析に基づいた応答が生成されます。 この応答は、提案されたコマンドまたは質問したコマンドの説明の形式をとります。 提案されたコマンドを実行する場合は、そのコマンドをコピーし、ターミナルの別のウィンドウまたはタブに貼り付ける必要があります。

出力の形式

GitHub Copilot in the CLI によって生成された応答は書式設定され、ユーザーに表示されます。 Copilot in the CLI では、生成された応答をわかりやすくするために、構文の強調表示、インデント、およびその他の書式設定機能を使用できます。

Copilot in the CLI は、質問に最も関連性の高い回答を提供することを目的としています。 ただし、お探しの回答が必ず提供されるとは限りません。 GitHub Copilot in the CLI のユーザーは、システムによって生成された応答を確認して検証し、正確かつ適切であることを確認する必要があります。 Copilot in the CLI には、提案を評価するためのオプションのフィードバック メカニズムも用意されており、今後のツールの改善に役立つ仕組みになっています。 詳細については、「GitHub Copilot in the CLI のパフォーマンスの向上」を参照してください。

GitHub Copilot in the CLI のユース ケース

GitHub Copilot in the CLI は、コマンドの提案または指定されたコマンドの説明を提供することによってユーザーを支援します。

タスクを実行するための適切なコマンドを見つける

GitHub Copilot in the CLI は、完了しようとしているタスクの実行に役立つコマンドを提案することを目的としています。 Copilot in the CLI がより適切な提案を提供できるように、探しているコマンドの種類 (汎用、git、または gh) を指定します。 結果が期待したものと異なる場合は、返されたコマンドが期待どおりになるまで質問を修正し続けることができます。 タスクに最適なコマンドを生成したら、それをクリップボードに簡単にコピーして必要な場所で実行することができます。

未知のコマンドについて説明する

GitHub Copilot in the CLI は、コマンドの機能と目的に関する自然言語の説明を生成することで、ユーザーが質問したコマンドの説明を支援しています。 これは、コマンドのドキュメントを読んだり検索したりせずに、提供された特定の例に対するコマンドの動作を理解する場合に便利です。 説明には、コマンドの入力パラメーターや出力パラメーターなどの情報と、コマンドの使用方法の例を含めることができます。

GitHub Copilot in the CLI で説明を生成することで、コマンドへの理解が深まり、学習の強化、生産性の向上、コンテキスト切り替えの削減につながる可能性があります。 ただし、生成された説明が必ずしも正確または完全であるとは限らないので、出力を確認し、場合によっては修正する必要があることに注意してください。 ユーザーは、コマンド ラインで実行するコマンドの精度と妥当性を確認する必要があります。

GitHub Copilot in the CLI の改善

エクスペリエンスを向上させ、GitHub Copilot in the CLI の制限事項の一部に対処するために、さまざまな手段を採用できます。 制限事項の詳細については、「GitHub Copilot in the CLI の制限事項」を参照してください。

代わりではなく、ツールとして GitHub Copilot in the CLI を使う

GitHub Copilot in the CLI はコマンドやコマンド ラインの理解を深めるための強力なツールですが、人間によるプログラミングの代わりではなく、ツールとして使用することが重要です。 Copilot in the CLI によって生成されたコマンドを常に確認して検証し、要件を満たしていること、エラーやセキュリティ上の懸念がないことを確認する必要があります。

フィードバックを提供する

GitHub Copilot in the CLI で問題や制限が発生した場合は、GitHub Copilot in the CLI の [応答率] オプションを選択してフィードバックを提供することをお勧めします。 これは、開発者がツールを改善し、懸念事項や制限事項に対処するのに役立ちます。

GitHub Copilot in the CLI の制限事項

オペレーティング システムや入力データなどの要因によっては、GitHub Copilot in the CLI を使ったときの精度が異なる場合があります。 次の情報は、GitHub Copilot in the CLI に適用されるシステム制限とパフォーマンスに関する主な概念を理解するのに役立ちます。

制限付きのスコープ

GitHub Copilot in the CLI のトレーニングは、2021 年までのインターネットのオンライン コンテンツに基づいています。 GitHub Copilot in the CLI は定義された境界内で動作するため、複雑なコマンド、あまり一般的でないコマンド、あるいは最近開発されたツールでは苦戦する可能性があります。 各言語で提供される提案の品質は、トレーニング データの可用性と多様性に影響される可能性があります。 たとえば、Git などの十分に文書化されたコマンドやツールに関する問い合わせでは、あまり知られていないコマンド ライン ツールに関する質問に比べて、より正確な応答が得られる場合があります。

潜在的なバイアスとエラー

GitHub Copilot in the CLI のトレーニング データは、既存のオンライン ソースから取得されています。 これらのソースには、トレーニング データに貢献した人物それぞれのバイアスとエラーが含まれている可能性があることに注意してください。 Copilot in the CLI は、これらのバイアスとエラーを誤って存続させてしまう可能性があります。 さらに、GitHub Copilot in the CLI は、スクリプト言語やスクリプト スタイルによってパフォーマンスが異なる場合があり、その結果、コマンドの提案や説明が最適でなかったり、不完全になったりする可能性があります。

不正確な応答

GitHub Copilot in the CLI では、一見有効であるように見えても、構文的または意味的に正しくないコマンドが生成される場合があります。 問題を回避するには、特にコンテンツの削除などの重大または破壊的なタスクの場合は、常に慎重に提案を確認して検証してください。 生成されたコマンドがベスト プラクティスと一致し、ワークフローに適合していることを確認します。

コーディング以外のトピックに対する不正確な応答

GitHub Copilot in the CLI は、コマンド ライン関連のタスクの範囲を超えた質問に回答するようには設計されていません。 その結果、コーディングや一般的なコマンド ラインの使用に関係のない質問に直面したときに、その応答では一貫して精度や支援が提供されない可能性があります。 コーディング以外のトピックについて問い合わせると、GitHub Copilot in the CLI では、意味のある応答を提供できないことが示される可能性があります。

自然言語に基づくパフォーマンスの違い

GitHub Copilot in the CLI は、主に英語で記述された自然言語コンテンツでトレーニングされています。 その結果、GitHub Copilot in the CLI に英語以外の言語での自然言語の入力プロンプトを指定すると、パフォーマンスが異なる場合があります。

参考資料